Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューノーマルなエンタメになるか?「ドライブイン」が新しいトレンドに

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

今、欧米を含む先進国は、新型コロナウイルスのパンデミック期をどうにか乗り越え、「コロナと共に生きる」新しい時代を迎えようとしている。 私が住むオランダでも6月1日から飲食店が再開し、少しずつではあるが街ににぎわいが戻ってきている。でも、コロナ前とは確実に何かが違う。 天気がよいとレストランのテラス席は満席になるが、よく見るとテーブルとテーブルの間に不自然な空きがあって、本当のところ混んでいるのか空いているのよくわからない。オシャレなレストランではカッコいい店員がおよそ似つかわしくないフェースシールドをかぶって笑顔で接客している。新たな演出か?と思ったりするが、いたって真剣な対処法なのだと気づく。 パンデミックが過ぎても新型コロナウイルス自体が去ったわけではないので、飛沫や接触が感染源である限り、人と距離をとらざるを得ない。ソーシャルライフとディスタンスの相性の悪さには溜め息しかでてこない。 外出したいけれど人との接触は極力避けたい、感染リスクを心配することなくイベントに参加したい。この無理難題を解決する新しいエンタメスタイルが3月下旬にアメリカで発生、以来欧米を中心にじわじわと増えている。その名も「Social distanced entertainment」。社会的距離を保ったエンタメとはどのようなものなのか、事例を探ってみた。

「安全なレジャー」として再発見されたドライブイン・シアター

5月7日付の『The Economist』オンライン版によると、アメリカ全土にある約6000館の映画館ほとんどが3月以降休館を余儀なくされており、再びオープンしたとしても、アンケートに答えた25%の人が秋まで映画館には足を運ばないと言っている。そもそも、コロナ以前からネットフリックスやアマゾンプライムなどのサブスクリプション・サービスの台頭によって、若者の映画館離れが指摘されていた。 ネットフリックスはこの1~3月で新たに1580万の会員を獲得、会員数の合計は1億8290万に達したという(4月21日付ロイター通信より)。外出自粛や制限がかかる中、ネットフリックスは恰好な暇つぶしだったに違いない。とはいえ、映画やドラマを見続けるのも限界がある。そもそもずっと家にいること自体が苦痛になってくる。友人に会うどころか、映画館も、外食も、コンサートもダメ。外に何か楽しいことはないか。人々が目を向けたのは「ドライブイン・シアター」だった。 ドライブイン・シアターが誕生したのは1930年代のアメリカ。最盛期は1950年代後半から1960年中ごろにかけてで、アメリカ全土に約5000のドライブイン・シアターがあったという。1957年にニューヨーク州にオープンしたJohnny All-Weather Drive-inなどは、2500台の車が収容できる桁外れな大きさで、敷地内にはレストラン、プレイグランドも完備されていたという。 1970年以降は衰退の一途をたどっていたが、パンデミックを受け、「安全なレジャー」として再発見された。細々と経営を続けていたドライブイン・シアターでは客が急増、閑古鳥が鳴いていたダイナー(アメリカ特有の大衆レストラン)はそこに商機を見いだし、駐車場にポップアップ型のシアターを作って注文メニューを映画鑑賞中の車に運ぶサービスを展開。映画館も屋内がだめなら屋外だと駐車場にスクリーンを設置。 アメリカのみならず、イギリス、ドイツやフランスなどの欧州でも広がっており、5月にはアラブ首長国連邦のドバイ、ナイジェリアのアブジャとラゴス、8月にはオーストラリアのメルボルンと世界各国で次々とドライブイン・シアターがオープンしている。親にとってはノスタルジックなデートスポット、子どもにとっては車中の新しいイベントとして、レジャーを渇望していた家族の心を潤している。

【関連記事】