Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石井一久、ヤクルトの優勝を呼び込んだ復活のノーヒットノーラン/プロ野球20世紀・不屈の物語【1997年】

配信

週刊ベースボールONLINE

歴史は勝者のものだという。それはプロ野球も同様かもしれない。ただ我々は、そこに敗者がいて、その敗者たちの姿もまた、雄々しかったことを知っている。 【連続写真】石井一久 快速球で三振の山を築いた左腕

手術からの復帰1年目

 1997年、2年ぶりのリーグ優勝を飾ったヤクルト。球団5度目、90年に就任した野村克也監督となってから4度目の栄光だった。これが結果的には20世紀で最後のリーグ優勝となってしまうのだが、この97年は“ID野球”の絶頂期といえるだろう。  すでに開幕戦については紹介しているが、“再生工場”でよみがえった小早川毅彦が3打席連続本塁打、これで勢いに乗ったヤクルトは、来日1年目のホージーが38本塁打で本塁打王となり、さらには100打点、20盗塁と機能して、古田敦也は4年ぶり、飯田哲也と土橋勝征がプロ11年目にして初の打率3割をクリアする。投手陣も同じく“再生工場”から田畑一也が2年連続2ケタ勝利となる15勝、これに吉井理人が13勝と続き、盤石の投打でチーム83勝の圧勝だった。  ただ、これは数字を振り返っただけの結果論。まったくピンチがなかったわけではなかった。最大の危機は夏場から。独走していたヤクルトを最大14ゲーム差から猛追してきた横浜の存在だった。80年代は、ともに最下位を争っていたような両チームが優勝を争う展開。しかし、すでにヤクルトは黄金時代を謳歌しており、優勝すれば37年ぶりとなる横浜には、世間のムードも味方している雰囲気もあった。そんな横浜との天王山となったのが9月2日、敵地での直接対決だ。そして、この試合の先発マウンドに立ったのが石井一久だった。  石井はドラフト1位で92年に入団。高卒ルーキーながら1年目から一軍のマウンドを経験し、ゼロ勝ながら西武との日本シリーズでも先発するなど期待の左腕だった。4年目の95年に初の2ケタ13勝を挙げて大ブレーク。だが、翌96年は8試合の登板に終わり、わずか1勝と急失速する。その原因は、左肩関節唇の損傷だった。オフに渡米して手術。迎えた97年も開幕には間に合わず、インディアンスの施設で4月までリハビリを続けた。  一軍に復帰したのは6月。5回2失点でシーズン初勝利を挙げ、下旬から8月の初旬にかけては4連勝もあったが、その後は3連敗と苦しんでいた。この天王山も、ストレートこそ威力があったが、先頭打者に四球を与え、3回裏にも先頭打者に四球、二死からも四球で走者一、二塁のピンチを招くなど、荒れ気味。それでも石井は続く波留敏夫のバットを折って遊飛に打ち取って、無失点に抑える。そして、結果的には、この3回裏が横浜の唯一かつ最後のチャンスとなった。

【関連記事】