Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

クラーウアナスンのアタック再び、終盤独走で今大会2勝目 個人総合は変動なし

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Cyclist

 ツール・ド・フランス2020は現地時間9月18日に第19ステージを実施。166.5kmのレースは、後半に抜け出した選手たちによる優勝争いへ。残り16kmで単独アタックを成功させたセーアン・クラーウアナスン(デンマーク、チーム サンウェブ)がフィニッシュまでを独走し、第14ステージに続く今大会2勝目を挙げた。また、個人総合争いでの変動はなし。プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)がマイヨジョーヌを守っている。 【特集インデックス】ツール・ド・フランス2020 時速50km超えのカヴァニャの独走  アルプス山脈での激闘を終えたプロトンは、久々の平坦ステージに臨む。中盤に待つ4級山岳をきっかけに細かなアップダウンが連続するが、極端な変化はないレイアウトから、大方の予想はスプリンター有利の1日。スピードマンの多くが大会中盤以降、このステージをターゲットの1つに据えていることもあり、フィニッシュに向かっての激しいバトルが期待された。  ブールカン=ブレスをスタートすると、レミ・カヴァニャ(フランス、ドゥクーニンク・クイックステップ)が追い風に乗って1人飛ばす。いくつか追走を狙った動きも見られたが、スピードに乗ったカヴァニャまでは届かず、集団へと戻る判断をする。後ろを待たず逃げを決めたカヴァニャは、最初の1時間で51kmを走破した。  主にボーラ・ハンスグローエがコントロールを担うメイン集団もペースを緩めず進む。しばし2分台でタイム差を推移させていたが、中間地点を通過する時点で1分55秒差へ。その後も着々とその差を縮めていった。  フィニッシュまでの残り距離が50kmとなる頃には、メイン集団からカヴァニャの背中が見え始める。それを始まりの合図に、ブノワ・コヌフロワ(フランス、アージェードゥーゼール ラモンディアール)、ピエール・ロラン(フランス、B&Bホテルズ・ヴィタルコンセプト)、ルーク・ロウ(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)がアタック。時間を要することなくカヴァニャに追いつく。それからも次から次へと選手がメイン集団から飛び出し、一時的に14人が先行する状態が生まれた。  この間に中間スプリントポイントを迎えており、1人逃げ続けたカヴァニャがトップ通過。ポイント賞を狙う選手たちはメイン集団内での争いとなり、マイヨヴェールを着るサム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)が全体の5位通過。直後に続いたペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)の動きをチェックしながらの余裕のポイント獲得となった。 クラーウアナスンが最後の16kmを独走  14人まで膨らんだパックは集団へと戻されることとなったが、残り30kmとなったタイミングでクラーウアナスンら7人が抜け出すことに成功。ここにベネット、サガン、マッテオ・トレンティン(イタリア、CCCチーム)のポイント賞上位3人がジョイン。さらに後方からの合流もあり、今度は12人の先頭グループが形成された。  スプリンターらステージ優勝候補がそろったことや、いずれの選手も個人総合争いに関係しないこともあり、メイン集団は先頭12人にゴーサインを出す格好に。前方へ乗り遅れたチームがメイン集団の牽引を行ったが、スピードの差は歴然。開く一方のタイム差に、追走を諦めざるを得なかった。  逃げ切りが濃厚になった先頭グループは、しばし先頭交代のローテーションが繰り返されていたが、残り16kmで決定打が生まれる。小さな丘越えでスピードが緩んだ一瞬を見逃さなかったクラーウアナスンがアタック。他選手の反応がなかったこともあり、あっという間に独走態勢へと持ち込む。  なかなか追撃ムードが高まらない後続を尻目に、残り距離を快調に飛ばしたクラーウアナスン。まったく疲れを感じさせることなく、最後の直線までやってきた。  今大会は第14ステージでも混戦の中からアタックを決めて独走勝利を挙げていたが、2勝目も同様に1人でフィニッシュへ。最後はきっちり2つ目の勝利であることをアピールしてのウイニングポーズとなった。 ログリッチ「山岳タイムトライアルに全精力を注ぐ」  チーム、そして自身の好調さを印象付ける再度の逃げ切り。フィニッシュ前1kmでは並走するテレビカメラに向かって歓喜の叫び声をあげたが、「本当に言葉にならなくて、あのようにしか喜びを表現できなかったんだ」と素直に語る。12人で逃げている間を振り返って、「あれだけのメンバーで、どのようにしたら勝てるのか想像がつかなかった。まずは人数を絞り込むことからだと思ってアタックしたら、そのまま勝利へとつながった」と説明。「このツールのことは一生忘れることはないと思う」と最後まで笑顔で取材陣の質問に応じた。  予想を覆して逃げ切りとなったレースだが、ポイント賞を争う3人はクラーウアナスンのアタックまではステージ優勝争いに加わった。残り2kmからステージ2位狙いのアタックが頻発したが、それを見送って目下のライバルとの争いに集中。ここもベネットがスプリント力の違いを見せて先着。ステージ8位とした。以降、サガン、トレンティンと続いている。このステージを終えて、ベネットとサガンとのポイント差は55点。さらに14点差でトレンティンが追う。残り2ステージを前に、ベネット有利が続く。  そして、個人総合上位陣が待機したメイン集団。終盤はイージーを選択し、競うことなくフィニッシュまでやってきた。もちろん、総合順位とタイム差には変動なし。ログリッチがマイヨジョーヌをキープしている。  ログリッチはレースを終えて、「決してリカバリーデーだったとは思わない。途中までのボーラ・ハンスグローエのペーシングはハードなものだった」とコメント。ジャージを守り、穏やかに走り切ったことについては、「よい1日だった。明日に備えていかにリカバリーするかを今は考えている」とした。そして、マイヨジョーヌ争いにおける最終決戦となる第20ステージの個人タイムトライアルについて問われると、「コースについては確認済みだ。最後の上りは本当にハード。そこにすべてを注ぎ込むつもりだ」と宣言。視線の先はすでに翌日へと向けられていた。  泣いても笑っても、ツールの覇権は9月19日の第20ステージで決まることになる。最終日前日は、36.2kmの個人タイムトライアルが設定される。平坦基調の前半、徐々に上り基調となる中盤を経て、最後の5.9kmは1級山岳ラ・プロンシュ・デ・ベル・フィーユの頂上めがけてのアタック。平均勾配8.5%だが、断続的に10%超えの急坂が現れ、最後の最後には20%にまで跳ね上がる。山岳タイムトライアルの趣きとなる1日は、ステージ優勝争いはもとより、レースを終えたときにマイヨジョーヌを誰が着るかが最大の焦点。なぜなら、次の第21ステージでは総合争いは展開されずパレード走行となるから。このステージを終えて、個人総合首位の選手がツール2020覇者となることが事実上決定する。  マイヨジョーヌのポガチャルと、個人総合2位のタデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)との総合タイム差は57秒。さらに30秒差でミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム)が続いている。なお、コースの変化に対して、ログリッチは第19ステージ後の記者会見で「上りの入口でバイク交換することも考えている。コンディションやその他の要素を総合的に判断して、出走直前に決めたいと思う」と明言。タイムトライアルバイクでスタートし、山岳区間からはノーマルバイクにチェンジして上る可能性を示唆。。一方のポガチャルはバイク交換について「秘密」とコメント。運命の1日を前に、2強は対照的な姿勢を見せている。 【特集インデックス】ツール・ド・フランス2020 第19ステージ結果 1セーアン・クラーウアナスン(デンマーク、チーム サンウェブ)3時間36分33秒 2ルカ・メズゲッツ(スロベニア、ミッチェルトン・スコット)+53秒 3ジャスパー・ストゥイヴェン(ベルギー、トレック・セガフレード) 4グレッグ・ファンアーヴェルマート(ベルギー、CCCチーム) 5オリバー・ナーセン(ベルギー、アージェードゥーゼール ラモンディアール) 6ニキアス・アルント(ドイツ、チーム サンウェブ) 7ルーク・ロウ(イギリス、イネオス・グレナディアーズ)+59秒 8サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)+1分2秒 9ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ) 10マッテオ・トレンティン(イタリア、CCCチーム) 個人総合(マイヨジョーヌ) 1プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ) 83時間29分41秒 2タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)+57秒 3ミゲルアンヘル・ロペス(コロンビア、アスタナ プロチーム)+1分27秒 4リッチー・ポート(オーストラリア、トレック・セガフレード)+3分6秒 5ミケル・ランダ(スペイン、バーレーン・マクラーレン)+3分28秒 6エンリク・マス(スペイン、モビスター チーム)+4分19秒 7アダム・イェーツ(イギリス、ミッチェルトン・スコット)+5分55秒 8リゴベルト・ウラン(コロンビア、EFプロサイクリング)+6分5秒 9トム・デュムラン(オランダ、ユンボ・ヴィスマ)+7分24秒 10アレハンドロ・バルベルデ(スペイン、モビスター チーム)+12分12秒 ポイント賞(マイヨヴェール) 1サム・ベネット(アイルランド、ドゥクーニンク・クイックステップ)319 pts 2ペテル・サガン(スロバキア、ボーラ・ハンスグローエ)264 pts 3マッテオ・トレンティン(イタリア、CCCチーム)250 pts 山岳賞(マイヨアポワ) 1リチャル・カラパス(エクアドル、イネオス・グレナディアーズ)74 pts 2タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ)72 pts 3プリモシュ・ログリッチ(スロベニア、ユンボ・ヴィスマ)67 pts 新人賞(マイヨブラン) 1タデイ・ポガチャル(スロベニア、UAE・チームエミレーツ) 83時間30分38秒 2エンリク・マス(スペイン、モビスター チーム)+3分22秒 3ヴァランタン・マデュアス(フランス、グルパマ・エフデジ)+1時間35分35秒 チーム総合 1モビスター チーム 250時間35分44秒 2ユンボ・ヴィスマ+24分36秒 3バーレーン・マクラーレン+58分47秒 【J SPORTSでツール・ド・フランス全21ステージ独占生中継】

【関連記事】