Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤井聡太七段、初の2日制対局1日目終了 木村一基王位が54手目を封じ手/将棋・王位戦

配信

ABEMA TIMES

 将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(17)が7月1日、王位戦七番勝負の第1局で木村一基王位(47)と対局、1日目を終了した。後手番の木村一基王位(47)が54手目を封じ手。明日2日の午前9時から、藤井七段の手番で再開する。 【動画】藤井聡太七段、新たな和服で登場  史上最年少でのタイトル獲得を目指す藤井七段は、ヒューリック杯棋聖戦の五番勝負で第1、2局と連勝。最年少でのタイトル獲得に王手をかけているが、この王位戦でも挑戦権を獲得し“ダブルタイトル挑戦”を実現。ファンからは最年少記録の更新だけでなく、一気に二冠獲得の期待も高まっている。  藤井七段の先手番で始まった対局は、得意戦法の一つである角換わり腰掛け銀から進行。1日目から激しい戦いが繰り広げられており、早くも終盤の入り口といった進行になっている。形勢は藤井七段が有利では、という見方も出ている。  初の2日制対局に臨んだ藤井七段は、夏らしい淡い色の和服姿で登場。棋聖戦で見せた濃紺のものとは異なるもので、登場直後から注目を集めた。 【封じ手時の残り持ち時間】 木村一基王位 4時間30分(消費3時間30分) 藤井聡太七段 4時間3分(消費3時間57分)

【関連記事】