Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【NFL】まだ「プレッシャーはある」とベアーズKピニエイロ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NFL公式サイト日本語版

シカゴ・ベアーズへの関心やニュースのヘッドライン、意見などが集中しているのは、ミッチェル・トゥルビスキーとニック・フォールズの間で繰り広げられているクオーターバック(QB)争いだ。

だが今からちょうど1年前にベアーズは片をつけなければならない、まったく異なるジレンマを抱えていた。最終的にはキッカー(K)のエディ・ピニエイロが全力を尽くしてメディアを賑わせたK争いを制したのだ。

そして今、QB問題が最前線にある中、ピニエイロは他のKと同じくらいの雇用の安定性で――つまりはそれほど高くない安定性で――シーズンを迎え、改善に向けて集中している。

現地9日(木)夜の『Bears All-Access(ベアーズ・オール・アクセス)』でピニエイロは「ベアーズでの1年目は良い勉強になった」と話したことをチームの公式サイトが伝えている。

「改善の余地はたくさんあると思う。もっと良くなれる。そして今年もまたいい結果を残せればと思っている。もう少し成功率を上げたいね。一番勉強になったのは風の強い試合とドームでの試合の差だ。Kとしてすごく成長できたと感じているし、今年も自分にとっていいシーズンになることを祈っている」

ピニエイロは昨年の夏に、Kエリオット・フライがリリースされるというやや期待外れな形でこの注目度の高いK争いから脱した。それでもベアーズのヘッドコーチ(HC)マット・ナギーはこのポジションはまだオープンだと主張し、ピニエイロに対する注目とプレッシャーが続いている。

フロリダ出身のピニエイロは、ルーキーシーズンを終えた時点で28回のフィールドゴールアテンプト中23回(成功率82%)を、得点後のアテンプト25回中23回(成功率92%)を決め、キックオフに対するタッチバックは50%という成績だった。改善の余地はまだまだある。そしてピニエイロもそれを十分に分かっている。

それでもなお、ベアーズはKラミーズ・アーメッドと契約した。ピニエイロ同様、アーメッドもNFLでの経験がなく、さらにこの1年はフィールドにすら立っていない状態でキャンプに合流する。大学での試合経験もネバダ大学で最終学年だった2018年だけであり、記録はフィールドゴール20回中15回(成功率75%)だ。ピニエイロは今度アーメッドとポジションを争わなければならない。

【関連記事】