Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

王者・横浜FMが再開初戦ドロー、監督と選手が口にした“反省”と“課題”とは?

配信

Football ZONE web

4日の浦和戦で0-0ドロー、横浜FMのポステコグルー監督が試合勘の欠如を指摘

 昨季のJ1王者、横浜F・マリノスを率いるアンジェ・ポステコグルー監督は、4日のJ1再開初戦、第2節の浦和レッズ戦を0-0と引き分けた試合後、「両チームとも公式戦から離れて上手くいかない部分があった」と試合勘の欠如に言及した。  2月末に新型コロナウイルスの感染拡大により公式戦がストップした後、ほぼ4カ月を経て久々の公式戦になった。普段のシーズンオフよりも長い期間、公式戦から離れたチームは前後半ともに立ち上がりの時間帯で浦和に攻め込まれる回数が多かった。指揮官は「難しいスタートになってしまった。なかなかリズムがつかめず、両チームとも公式戦から離れてうまくいかない部分があった」と振り返る。  さらにポステコグルー監督は、前半のプレーに関して「(ハーフタイムには)後半に向けてスピードを上げてタッチ数を少なくやろうと言いました。前半はフリーキックもすぐに始められず、ボールを動かせていない面があった」と不満を漏らしてる。その一方で、「後半はテンポも良くプレーできて、得点できるようなプレーはたくさんあったと思う」と、尻上がりに調子を上げられたと分析した。  主将のMF喜田拓也もまた、「どう捉えるかにもよるけど、試合勘はもちろん一理あるでしょう」と、難しい展開になった理由に言及。一方で、「それ以外にも、もっと上げられるところは確実にあった。今日の要因は冷静に分析したい。中3日で続いていくので、そのスピード感を持ってやりたい」と、修正に時間が取れない過密日程のなかで進むシーズンを展望している。

「今日も点を取れたと思う」と語る仲川、指摘した改善点とは?

 また、昨季のリーグ得点王とMVPをダブル受賞したFW仲川輝人は決定機でゴールを奪えず、「質を高めるしかない。ペナルティーエリア内でのシュートやパスの選択も高めていければ、今日も点を取れたと思う。自分も含め、その精度が低かった。落ち着きという部分で徐々に上げていければ。あとは点を取るだけだと思う。まだ力が入っている感じで、チャンスで力んでいる部分が少しあった。リラックスしながらやれれば」と、久々のゲームが影響したことを強調した。  正確なポジションワークでの攻撃と、強烈なハイプレスで昨季のJ1を制した横浜FMのサッカーはこの再開初戦でも片鱗は見せたが、本調子とは言い難かった。ポステコグルー監督は「ハードワークしながら一生懸命やったが、練習と練習試合だけではテンポの速さが全然違う。フィジカル的にはしっかりできたし、心配していない」と話す。夏場の過密日程で昨季に近いクオリティーをどれだけ早く戻せるかが連覇へのカギになりそうだ。

轡田哲朗 / Tetsuro Kutsuwada

【関連記事】