Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ハキミは惜しくも2位! レアル下部組織出身選手の高額売却ランキングトップ10

配信

SOCCER KING

 レアル・マドリードは2日、インテルとモロッコ代表DFアクラフ・ハキミの移籍で合意したことを発表した。複数の報道によると、移籍金は推定4000万ユーロ(約49億円)。ここ2シーズン、レンタル先のドルトムントで目覚ましい成長を遂げたとはいえ、レアル・マドリードで公式戦17試合しか出場していない選手が50億円近いお金をクラブに落としていくのだから、首脳陣は満足していることだろう。  では、レアルの下部組織出身選手で、最も高く売れたのは誰なのだろうか。移籍情報サイト『transfermarkt』のデータをもとに、高額売却ランキングトップ10を紹介する。 ※本文中のデータはすべて『transfremarkt』を参照 ※日本円は7月6日のレートで換算

▼10位タイ  FWマリアーノ・ディアス

移籍金:800万ユーロ(約10億円) 移籍先:リヨン(2017年夏)  2016年にトップチームデビューを果たすも、翌年にリヨンへ移籍。すると新天地で公式戦21ゴールを記録するなどブレイクを遂げ、1年後にレアルが買い戻しを決断した。その際の移籍金は推定2150万ユーロ(約26億円)と、売却額の3倍近くに相当した。

MFエステバン・グラネロ

移籍金:800万ユーロ(約10億円) 移籍先:QPR(2012年夏)  レアルのカンテラ時代には、フアン・マタ(マンチェスター・U)らと共闘していたグラネロ。ルカ・モドリッチの加入に伴い、2012年に移籍金800万ユーロでQPR(現イングランド2部)へ加入することが決まった。なお今年1月には、エスパニョールから3部相当のマルベージャへ移籍し、現地で話題となった。

▼9位  FWホセ・カジェホン

移籍金:950万ユーロ(約12億円) 移籍先:ナポリ(2013年夏)  レアルでは常時レギュラーではなかったものの、ジョゼ・モウリーニョ監督から「本当に重要な選手」として重宝されたカジェホン。2013年のナポリ移籍時に950万ユーロの移籍金が支払われた。

▼8位  MFオマール・マスカレル

移籍金:1000万ユーロ(約12億円) 移籍先:シャルケ(2018年夏)  モウリーニョ体制下のレアルでトップチームデビューを果たしたマスカレル。しかし、以降はトップチームに定着できず、2度のレンタルを経てフランクフルトに完全移籍。2018年夏にレアルが買い戻した上でシャルケに売却した。

【関連記事】