Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西片梨帆、デビュー・ミニ・アルバムよりリード・トラック「黒いエレキ」フルMV公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CDジャーナル

 シンガー・ソングライターの西片梨帆が、9月23日(水)にリリースしたデビュー・ミニ・アルバム『彼女がいなければ孤独だった』より、リード曲「黒いエレキ」のフル・ミュージック・ビデオを公開しています。  風景を、感情を、鮮やかに切り取る歌詞とエモーショナルなメロディという強烈な個性によってインディ・シーンで注目を集めていた西片のデビュー・ミニ・アルバム『彼女がいなければ孤独だった』は、共同プロデューサーにゴンドウトモヒコを迎え、インディ時代の代表曲を新たなアレンジで再構築した5曲と未発表最新曲「リリー」を含む全6曲を収録。変化し続ける西片の魅力が詰まった作品です。  二宮ユーキが監督を手掛けた「黒いエレキ」のミュージック・ビデオは、ライヴ・シーンと、夜の新宿の街や白昼の海辺などで撮影され、ライヴハウスで初めて見つけた“いつかこうなりたい”という憧れを表現した映像作品に仕上がっています。  また、9月23日にLINE MUSICでのBGMキャンペーンの実施が発表されました。今作品の中から好きな曲をプロフィール、またはトークBGMに追加し、指定の方法で応募をすると、抽選で3名に“西片梨帆からの直筆お手紙”をプレゼント。詳細はレーベル・サイトをご確認ください。 [コメント] 「彼女がいなければ孤独だった」 すごく長い間、この日を待っていました。 待ちわびていた時間は 思っていたよりも、ふと自然にやって来てしまうけれど、 まずはちゃんと今日を迎えられて嬉しいです。 伝えたいことはたくさんありますが、大切に作った作品です。 どうか聴いてください。 ――西片梨帆

【関連記事】