Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

デマに踊らされないために。アフターコロナでも鍛えるべき「海外ニュースを追う力」

配信

AMP[アンプ]

新型コロナウイルスに関連した緊急事態宣言が多くの都市で解除された。第2波は心配だが、首都圏、関西も踏ん張りどころだ。 この1~2カ月、通勤や飲み会がなくなり、時間ができた人も少なくないだろう。オンライン飲み会、筋トレ、読書が盛り上がっていたが、今回のコロナ騒ぎを通じて、デマだけでなく、ソース不明の海外ニュースが大量に拡散しているのを見て、個人的には情報リテラシーの底上げが必要だと感じた。 正確な情報に早くアクセスできれば、大事な判断に生かすこともできる。生み出された時間のいくばくかを、語学力や読解力のブラッシュアップに使ってほしいし、自分もそうしたいと思っている。

国の動きが遅いときは海外の情報収集が必要

私自身は英語ニュースと中国ニュースのウォッチャーで、経済ニュース執筆をメインの仕事としている。だから新型コロナウイルスも1月下旬から「自分の生活に関わる問題」と考え、我が家と実家の分のマスクを確保していたため、数カ月続くマスク不足問題とは無縁で済んだ。 新型コロナが「自分事」になる時期は人によって差があり、早い時期に対応を取った人たちには、「外国語のニュースを読むのに苦がない」、あるいは「海外からダイレクトに情報が入ってくる」という共通点があった。 X JAPANのYOSHIKIさんは、AER dot.のインタビューで「アメリカは3月13日に国家非常事態が宣言されたのですが、その時点ではLAのみなさんはまだあまりピンときていなかったと思います。(中略)でも僕は昨年から今年にかけてほとんど毎週のように飛行機で世界中を飛び回っていたので、状況を何となく察知していて」と、2月下旬に入っていたヨーロッパでの仕事をすべてキャンセルしたと明かしている。 ソフトウエア開発とデザインを手掛けるフェンリル(大阪市)は1月29日、2月に予定していた7つのイベントを全て中止・延期すると決めた。既にホテルの会場を予約していたものも、キャンセル料を払って取りやめたという。広報の藤本陽子さんは、日本は平常モードだった1月に中止を決めた理由について、「当社は中国の大連と成都に開発拠点があり、リスクを身近に感じた」と話した。 オーディオブックを配信するオトバンクの久保田裕也社長は1月下旬、出張でオーストラリアを訪れた際に、周囲にいた中国人の会話から新型コロナの深刻さを感じ取り、同月27日に原則として「全社テレワーク」に切り替えた。同社は1月時点で受け付けにアルコール消毒液とサージカルマスクを設置している。 厚労省や政府の動きが遅かったので、国内ニュースだけウォッチしていても、2月や3月初めの段階では日本でも休校、休業要請に発展することを想像しにくかったはずだ。だが、中国だけでなく欧州の動きを見ていると、2月中旬には「遅かれ早かれ休校になるだろうなあ」と予測できた。飲食店の休業も同様だった。政府の対応が遅く、政策が二転三転するため、個人として防御する必要を痛感した。

【関連記事】