Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

空港までの強い味方 成田エクスプレスは運行当初、千葉県内を「全駅スルー」していた

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

1990年のダイヤ改正が生んだ衝撃

 東京の玄関口のひとつである成田空港(千葉県成田市)。最近は格安航空会社(LCC)も数多く就航し、多くの国内線も発着するようになったことから、立ち寄る機会が増えた人も多いのではないでしょうか。 【意外と知らない?】成田エクスプレスの「路線図」を見る  LCCの大半が発着する第3ターミナルは、フードコートも割安で安心利用可。一部の店舗は早朝から「大盛り無料」を掲げており、おなかいっぱいで苦しくなりながら飛行機に乗る人も少なくないでしょう。  そんな成田空港への移動手段はさまざまありますが、JRが運行しているのが成田エクスプレスです。  成田エクスプレスは1991(平成3)年3月に運行を開始した、東京駅や品川駅、横浜駅などから成田空港駅を結ぶ、JR東日本運営の空港アクセス列車です。  成田エクスプレスの目的は、東京と成田空港間を短時間でつなぐことです。ところが1990年、翌年のダイヤ改正が発表されるやいなや、困惑し始める人たちが現れました。それは成田空港を抱え、列車が通過する千葉県の人たちたちです。  というのも、当初は空港アクセス列車という役割に重点を置いていたため、千葉県内はすべて通過し、都心のターミナル駅に向かうダイヤとなっていたのです。  ダイヤ改正によって、都心と房総方面を結ぶ特急「わかしお・さざなみ」が京葉線経由に変更。その結果、県庁所在地の中心駅である千葉駅に停車する特急は、従来の3分の1にまで激減することになったのです。

千葉県のイメージダウンにつながりかねない流れに

 一方、千葉県は県庁所在地の中心駅で特急が激減することで、県のイメージダウンにつながることを危惧していました。  千葉市のほうはもっと深刻。なぜなら、同市は1992年4月に政令指定都市になることが予定されていたからです。これからますます発展する予定にもかかわらず特急が止まらないのは許されないという意見は、やがて市民の大半を占めるようになります。  これに対してJR東日本は『朝日新聞』1990年12月22日付で「反発は覚悟のうえ」と強気な態度を示しています。というのも成田空港の利用者で、千葉駅で乗り降りする人はこれまでもほとんどいなかったのです。  なぜ成田エクスプレスを千葉駅で停車し、利便性を低下させなければならないのか――という意見の人が当時は多かったのです。また、このときのダイヤ改正は成田~千葉駅間の快速電車が増発され、沿線の利便性はむしろ高くなると考えられていました。

【関連記事】