Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

TikTok の新CEO、ケビン・メイヤー氏の華麗なる実績:「彼は強打者タイプだ」

配信

DIGIDAY[日本版]

長らくディズニー(Disney)の幹部を務めてきたケビン・メイヤー氏(58)が、TikTokのCEO、および同アプリの親会社であるバイトダンス(ByteDance)のCOO(最高執行責任者)に任命された。この就任により、TikTokの事業には早くも良い風が吹いている。このニュースが流れたのち、あるエージェンシー幹部は、この発表をクライアントにメールで知らせた。そのクライアントはTikTokへの出稿に興味を示してはいたが、同プラットフォームの適合性を警戒していた。 「ビジネス界の大物が新天地を求めて、このブランドへ移ることを決断したという事実。これが信用をもたらす」と、あるブランド幹部は語る。 これぞディズニーのハロー効果だ。ディズニーで20年以上を過ごし、最近ではDisney+(ディズニープラス)ローンチを成功に導いたメイヤー氏がTikTokにもたらすのは、信頼性にほかならない。同アプリはいままさに、テックプラットフォームのトップに食い込むことを狙っている。MIT(マサチューセッツ工科大学)ではカレッジフットボールの選手として活躍し、ハーバードでMBAを取得したメイヤー氏は、メリーランド州ベセスダの出身。そんな同氏には、ビジネスに対するアグレッシブなアプローチも備わっている。ディズニーの事業がストリーミング時代に合ったビジネスへと転換することを促したそのアプローチは、テック業界の猛スピードに適している。 TikTokはいま、かつてSnapchatが経験したような、厄介な局面にいる。TikTokがポピュラーになればなるほど、それが受ける精査も増えている。広告主らはその若いユーザーベースを警戒している。「TikTokは広告主にとって素晴らしい新興プラットフォームだ。12歳のダンスを突破できるのであれば」と、前出のブランド幹部は語る。特殊なのは、TikTokの親会社であるバイトダンスが中国の企業であるという点だ。折しも、米中間の緊張が高まり、ファーウェイ(Huawei)など中国テック界の覇者たちに対する取り締まりを求める声が大きくなっている。TikTokを中国の企業が所有していることに対し、米議会は国家安全保障上の懸念を表明している。メイヤー氏の就任が報じられると、共和党上院議員のジョシュ・ホーリー氏は「メイヤー氏との対面が楽しみだ。証人喚問の席で」とツイートした。実に敵意に満ちた言葉だ。 ディズニーは「幅広く信頼されているブランドだ。もちろんハロー効果もある。それがプラスの効果をもたらしてくれることをTikTokは期待しているはずだ」と、コンサルティング企業プロフェット(Prophet)のパートナーであるユーニス・シン氏は語る。

【関連記事】