Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

先輩たちが叶えられなかった舞台に勝ち進めるか 矢板中央、3度目の準決勝に挑む

配信

高校サッカードットコム

 今年の矢板中央はとにかく走る。チーム全体の守備意識が高く、ピッチに立つ選手たちは最後の1分までハードワークを厭わない。2年ぶりに4強入りを果たした高校サッカー選手権では、初戦からそのスタイルで勝利を積み重ねてきた。 【フォトギャラリー】選手権での矢板中央  元々、矢板中央はフィジカルの強さを生かした空中戦の強さや球際の強さが伝統にある。ただ、今年は特筆したタレントがいない。「去年と一昨年は個性の強い選手たちが揃っていた。誰に聞いても今年の矢板中央は谷間の世代だと言われていた」と高橋健二監督が認めるように、厳しい戦いを強いられてきた。実際にプリンスリーグ関東は最下位。守備の強度も物足りず、大会前は大きな不安を抱えていた。だが、その不安材料がプラスに働き、献身的に戦う意識が向上。中盤の底で鶴見拳士朗(3年)、在間太一(3年)がボールを回収し、相手に攻め込まれた時は長江皓亮(3年)、矢野息吹(3年)のCBコンビが攻撃を跳ね返す。最後尾には期待の1年生GK藤井陽登が構えており、試合を重ねるごとに安定感を増してきた。  攻撃陣は昨年ほど個で打開出来ないが、鋭いカウンターを仕掛けられる人材が揃っている。豊富な運動量が持ち味の多田圭佑(3年)と西村碧海(3年)は背後に飛び出し、ゴール前では泥臭く得点を狙う。サイドハーフの左合修土(3年)は抜け目がなく、狭いエリアを単騎で崩す術を持つ。また、ベンチには大会直前にベンチに回った久永武蔵も控え、チームにとっては心強い。  今大会を振り返ると、一戦ごとに強さを増している印象がある。大分との1回戦は2-2のPK勝ち。続く大手前高松戦も2-1で接戦を制するなど、ギリギリの局面を勝ち抜いてきた。勝利をつかんで自信を深めると、鵬学園との3回戦と四日市中央工との準々決勝はいずれも2-0の勝利。3回戦後に高橋監督も、「予選を通じて初めて無失点で終えられた。よく全国に出られたなというレベルだったけど、3回戦では無失点に抑えてくれた。本当に彼らの成長が頼もしい。最後まで諦めないひたむきさが出てきたし、高校サッカーらしい戦いができている」と選手に賛辞を送った。  3度目の準決勝に挑む矢板中央。過去2回は敗れており、決勝進出は果たせなかった。先輩たちが叶えられなかった舞台に勝ち進めるか。攻撃力に秀でた静岡学園を封じ、ファイナリストの座を掴み取る。

【関連記事】