Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ブラックキャップorホイホイ? 害虫対策グッズのベストな選び方・使い方【一人暮らしのゴキブリ対策】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
CanCam.jp

虫が苦手な人が絶対に遭遇したくないモノ……その代表格といえば、やっぱりゴキブリ、ですよね。 とくに一人暮らしでは頼れる人もいませんし、「見かけたらどうすればいいの!?」と困っている人も多いはず。 【実録】夜22時、ひとり暮らし女子の部屋に初めてゴキブリが現れた。4時間半に渡る戦いの記録で学んだこと そこで「ブラックキャップ」「ゴキジェットプロ」といった害虫対策グッズでおなじみの、アース製薬さんにインタビュー。一人暮らしの部屋にゴキブリを発生させないコツや、駆除するコツを伺いました。

今回のテーマは「害虫駆除グッズの選び方・使い方」

今回のテーマは「害虫駆除グッズの選び方・使い方」。 スプレー型やキャップ型など色々な種類があるゴキブリ対策グッズですが、それぞれどんな特徴を持っているのでしょうか? 「このグッズはこんな場面に強い」という選び方と、効果的な使い方のコツを教えていただきました。

スプレー?キャップ?もう迷わない「G」駆除グッズの選び方

※「単語を見るだけでゾワゾワする!」という同志のために、ここからはコードネーム「G」と呼ばせていただきます。 Q.G対策グッズを買うとき、色々な種類があっていつも迷ってしまいます。どんな基準で選べばいいのでしょうか? A.G対策グッズには、主に次のような種類があります。 ・スプレー(例:ゴキジェットプロ) ・毒餌剤(例:ブラックキャップ) ・捕獲器(例:ゴキブリホイホイ) ・くん煙剤、くん蒸剤(例:アースレッド) それぞれ、想定している使用シーンが異なりますので、使いたいシチュエーションに合わせて選ぶと効果的です。 以下、グッズごとに得意なシチュエーションと、効果的な使い方のコツをご紹介します。 スプレー剤(例:ゴキジェットプロ) ◆スプレーが効果的な場面 見かけたGをすぐに退治したいときや、Gが出てきそうな場所・潜んでいそうな場所が分かっている場合は、スプレー剤がおすすめです。 とくに即効性のある成分を使用しているスプレーは、Gに直接噴射することですぐに駆除できます。キッチンなど殺虫成分をあまり使いたくない場所では、瞬間冷却で動きを止めるものや、ハーブなど天然成分を使ったものが良いでしょう。 また、直接の駆除だけでなく、噴射した場所をGが通っただけで撃退する効果のある「待ち伏せタイプ」「バリアタイプ」もあります。 ◆スプレーを効果的に使うコツ Gは、体の後ろ側に風を感知する尾毛を持っています。ですので、後ろから近づいたり叩いたりすると、逃げられてしまう可能性が高いです。 Gは後ずさりができないので、シュッとするときは前から狙うのがベストです。 毒餌剤(例:ブラックキャップ) ◆毒餌剤が効果的な場面 Gがどこにいるか分からない場合や、巣の中にいる幼虫や卵まで徹底的に駆除したい場合は、「ブラックキャップ」やホウ酸ダンゴなどの毒餌剤がオススメです。 毒餌剤は食べさせることで駆除できる虫ケア用品で、食べたGが排泄した糞などにより、巣にいる他のGも一掃できます。 ◆毒餌剤を効果的に使うコツ Gが隠れていそうなところに毒餌剤を設置してください。たとえばキッチンであれば、水周り、冷蔵庫の下、家電と壁との隙間などがおすすめです。 Gと毒餌剤の遭遇頻度が高いと、駆除効果も高くなります。1つだけでなく、いくつも設置するのが駆除成功のポイントです。 玄関の外や窓の下など、雨に濡れる場所には「屋外用」を選ぶと良いですよ。 捕獲器(例:ゴキブリホイホイ) ◆毒餌剤が効果的な場面 薬剤を使うことに抵抗がある、または事情があって薬剤が使えない場合は、捕獲器がおすすめです。Gが好むのは7~10mm程度の隙間。こうした家具の隙間にセットし、Gの大好物(ビーフ、えび、野菜など)による誘引剤でGをホイホイ引き寄せます。 現在の「ホイホイ」は、横だけでなく縦置きもできますし、Gが粘着剤に気づきにくいスロープ構造、油分を取り除く足ふきマット、デコボコの粘着シートなど、さまざまな工夫で捕獲性能をアップしています。 ◆毒餌剤を効果的に使うコツ 毒餌剤と同じように、色々な場所に複数設置するのが駆除成功のポイントです。「中を見るのはイヤ」という人は、1ヶ月を目安に新しいものに取り替えるのがおすすめです。ホコリが積もると捕獲成功率が下がるので、設置後はこまめにホコリのチェックをしてくださいね。 くん煙剤・くん蒸剤(例:アースレッド) ◆くん煙剤・くん蒸剤が効果的な場面 ひっそりとどこかに隠れているGもまとめて一気に退治したい場合は、「くん煙剤」や「くん蒸剤」がおすすめです。薬剤が煙や霧の状態で行き渡るこれらのグッズは、お部屋の隅々まで入り込んでカバーし、隠れたGも駆除します。 とくにアパート・マンションといった集合住宅では、隣近所からのGの侵入も気になるところ。くん蒸剤にはバリア効果もあるので、外からの侵入を予防するのにも向いています。 ◆くん煙剤・くん蒸剤を効果的に使うコツ くん煙剤・くん蒸剤は1部屋まるごと駆除することができますが、1部屋だけで使用すると、別の部屋に逃げ込まれる可能性があります。お家全体から一気にGを駆除するためには、すべての部屋で同時に使用するのがおすすめです。 また、くん煙剤・くん蒸剤は残念ながらGの卵には効果がありません。一度使用したら時間を置き、卵が幼虫に変わる2~3週間後にもう一度使用するのがベストです。

【関連記事】