Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オンライン宿泊「これ、ありだな」予約ほぼ満床、翌朝まで続く旅行感 チェックアウト時にもらった「感動」

配信

withnews

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、苦境が続く宿泊業。そんな中、和歌山県のとあるゲストハウスで、旅行がしにくい状況を逆手にとった面白い取り組みをしていると聞きました。その名も「オンライン宿泊」。ネットを通じ、まるで旅に出たような体験ができるそうです。旅行好きの記者(26)が、実際に体験しました。(藤野隆晃) 【画像】オンライン宿泊、翌朝チェックアウト時に届いたもの「宿を離れる切なさ」まで味わえた……

「こちらはバーで、シャワーはこっちです」

「これから宿の中を案内しますね。こちらはバーで、シャワーはこっちです」。午後8時過ぎ、和歌山県那智勝浦町のゲストハウス「WhyKumano」に「チェックイン」しました。オーナーの後呂(うしろ)孝哉さん(30)の案内に従います。 「寝室はこちらです。熊野古道をイメージした造りになっています」 木の良い香りがしそうだけど、においまでは分かりません。なぜなら記者は和歌山市内にいて、会話はパソコン画面越し。ビデオ会議アプリを使った「オンライン宿泊」だからです。 宿は2019年7月にオープンしました。しかし、軌道に乗り始めた矢先に、新型コロナの影響でキャンセルが相次ぎます。先が見えない絶望感も感じましたが、宿として何かできないかと考えて、4月上旬からこの取り組みを始めました。毎晩6人ほどの予約枠がありますが、口コミで広がり、ほぼ「満床」の状態が続いています。

「宿泊客」同士が自己紹介

15分ほど施設の案内を受けた後、乾杯をしてこの日の「宿泊客」たちの自己紹介が始まりました。客は、香川から、静岡、神奈川、東京、埼玉、フランスからの参加者もいて様々。年齢も大学生から社会人までと幅があります。「和歌山には去年行きましたよ」「地元が同じだ」。全員初対面のはずなのに、会話が弾みます。 「那智大社では、神社とお寺がこんなに近い」「宿の近くには、マグロの無人販売所があるんです」。後呂さんが、宿のある那智勝浦を案内し、他の参加者の紹介も続きます。最近観光客に人気の浜辺や、日本酒がおいしいお店、ドイツとの国境に近いフランスの街の話――。話題は様々で、どの街にも行きたくなりました。 写真共有アプリを使って、お気に入りの写真や思い出も紹介し合いました。まったく異なる人生を歩む人の話を知る。取材だからとメモを取っていた記者の手はいつの間にか止まり、気付くと会話に熱中していました。

【関連記事】