Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナは「移動」の未来を変える?公共交通機関に頼らない生活は可能か。新型電動バイクに乗って確かめた

配信

ハフポスト日本版

新型コロナウイルスの感染拡大は、様々な産業の構造を一変させるほどの影響をもたらしている。モビリティ(Mobility)─すなわち、私たちの未来の「移動」にも、変化が訪れるのかもしれない。 【試乗動画】公共交通機関はもう乗らない!?新型電動バイクでの通勤は可能か。乗り心地は? スマートモビリティを展開する和歌山県和歌山市のglafitは5月28日、電動バイクの新商品「X-Scooter LOM」(クロススクーターロム)を発表し、クラウドファンディングの国内大手・Makuakeで先行販売を始めた。 利用者が同プロジェクトに共感し購入したことを示す応援金額は、6月上旬時点で目標の400万円を大きく上回る6500万円を記録。コロナ禍で公共交通機関の利用を前提にした従来の「移動」を見直し始めた人の心をしっかりと掴んでいる。 今回は筆者が実際に新型の電動バイクに試乗し、その可能性を探った。

新型の電動バイク「X-Scooter LOM」とは?

glafitが発売した新しい電動バイク「X-Scooter LOM」は、充電式のスクーターだ。ステップにまたがり、“立ち乗り”で運転する。 その見た目や形から「電動キックボード」に似ているとみられがちだが、そうではない。 「第一種原動機付自転車」にあたり、自動車の運転免許があれば、誰でも公道を走ることができる。 最高時速は25km/hほどで、1回の充電で40kmの走行が可能。電動式のため排気ガスを出すこともなく、環境にも優しい。現在の販売価格は10万5千円だ。 glafitは2017年5月にも、自転車とバイクの要素を掛け合わせた折り畳み式電動バイクを開発し、Makuakeで販売。応援購入の総額は1億2800万円を超え、当時の支援販売額の日本記録を打ち立てた。 約3年ぶりとなる新たな電動バイクは、構想から2年で完成に至ったという。 glafitの代表取締役社長・鳴海禎造さんに話を聞いた。 「元々コロナ以前から、個人に向けた、よりパーソナルな移動手段の開発を目指してきた」と鳴海さんはいう。“人々の生活にFITする新しい乗り物を届ける”というのが、企業として掲げるビジョンでもある。 販売に向けた準備を進める中、新型コロナウイルスの感染拡大で状況は変わった。 「コロナ禍で公共交通機関の利用を避ける人が出てきた。海外では『電動キックボード』が流行り急速に普及していますが、プライベートでも仕事でも、短い距離の移動であればコンパクトな乗り物を選ぶシーンが今後は日本でも増えていく可能性がある。そこには、大きな期待を寄せています」と話す。