Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

令和時代に『風の谷のナウシカ』が劇場公開される意味

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

映画配給会社「東宝」は6月18日、スタジオジブリの長編アニメーション4作品を26日から全国の映画館で上映すると発表した。372劇場で上映されるのは以下の4作品だ。 【全画像をみる】令和時代に『風の谷のナウシカ』が劇場公開される意味 『風の谷のナウシカ』(1984年、宮崎駿監督) 『もののけ姫』(1997年、宮崎駿監督) 『千と千尋の神隠し』(2001年、宮崎駿監督) 『ゲド戦記』(2006年、宮崎吾朗監督)

企画のキャッチコピーは「一生に一度は、映画館でジブリを」

スタジオジブリの長編アニメーション映画は『思い出のマーニー』(2014年、米林宏昌監督)、『レッドタートル ある島の物語』(国際共同制作、2016年)が最後となっている。 ジブリの二大巨匠、宮崎駿監督と高畑勲監督の長編映画も、近年は劇場で観られる機会はなかなかない。 宮崎監督は近年、三鷹の森ジブリ美術館で上映された短編映画『毛虫のボロ』などを制作。CGによる新たな表現にも取り組んでいる。 長編作品は現時点では『風立ちぬ』(2013年)が最後となっている。同作の公開後、宮崎監督は年齢を理由に長編映画からの引退を表明。翌2014年、スタジオジブリは制作部門を解散した。 2015年、宮崎監督が引退を撤回したと鈴木敏夫プロデューサーが発表。制作部門も再構築され、現在は新作アニメーション』を制作中だ。 1960年代の東映動画時代から宮崎監督の盟友で『火垂るの墓』などで知られる高畑勲監督は、2018年4月、この世を去った。20代の頃から構想を練っていた『かぐや姫の物語』(2013年) が遺作となった。 #一生に一度は映画館でジブリを / 「スタジオジブリ」4作品 劇場上映が決定しました \ 6月26日(金)より 全国372館で上映します 『風の谷のナウシカ 』(1984) 『もののけ姫 』(1997) 『千と千尋の神隠し 』(2001) 『ゲド戦記』(2006) こうした背景から、ジブリ作品を「映画館で見たことがない」という世代も増えつつあるのだろう。 そんな中で、過去のジブリの名作を劇場のスクリーンで見られるチャンスは千載一遇と言える。文字通り「一生に一度は、映画館でジブリを」が叶うチャンスだ。 往年のファンにとっても喜びはひとしおだ。Twitter上では、令和の時代にジブリの原点とも言える36年前の『風の谷のナウシカ』が映画館で観られることに歓喜する声がでている。 さらには今回の企画が、鋭意制作中である宮崎監督の新作長編アニメ公開への布石ではないかという意見も…。 こうして、「映画館で見たジブリの思い出」は、時を超え、世代を超えて受け継がれていく。

【関連記事】