Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ついに明日決勝のル・マン24時間レースでトヨタ三連覇なるか! 挑み続けた「究極の耐久レース」へのニッポンの歴史

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Auto Messe Web

ニッポンのル・マン挑戦は50年にも達した

 新型コロナウィルスの感染拡大を受け、日程を変更し、さらに無観客で実施することが決定した2020年のル・マン24時間レース。日本人ドライバーとして中嶋一貴が、マニュファクチャラーとしてトヨタが、そして日本チームとしてTOYOTA GAZOO Racingが、それぞれ3連覇をかけて挑むことになっている。 【画像145枚】日本人初のル・マン24時間レース勝者となった関谷正徳や50年に渡るニッポン挑戦の様々なマシン  これまで日本人ドライバーが、日本車が、そして日本チームがどんな戦いを繰り広げてきたかを振り返ると、今からちょうど50年前、ポルシェが悲願の総合優勝を達成した1970年の第38回ル・マン24時間に、1台のシェブロンB16が参戦している。ドライバーはフランス人で海外チームから、さらにシャシーもシェブロンB16と言えばイギリス製の市販レーシング・スポーツカー。  それでも、そのミッドシップに搭載されていたマツダの10Aロータリーエンジン(RE)は紛れもなくメイドinジャパンで、この時から“ニッポン”のル・マン挑戦が始まったのだ。

シグマ、童夢、マツダスピードの先兵からワークスが動き出しはじめ

 70年の第38回大会において、マツダ製の10Aロータリーエンジンで第一歩を刻んだ“ニッポン”のル・マン挑戦だが、73年の第41回大会においては、日本人ドライバー/日本製マシン/日本チームによるコンプリートなチャレンジが達成された。  現在でもSUPER GTにTGR(TOYOTA GAZOO Racing) TEAM SARDとして参戦しているSARDの前身であるシグマ・オートモーティブが生沢徹/鮒子田寛/パトリック・ダルボのトリオを擁し、オリジナルマシンのシグマMC73・マツダでエントリー。出走51台中完走7台というタフなレースで、予選は14位と上々の滑り出しだったが、決勝では半分を過ぎた辺りでサスペンショントラブルからリタイアに終わっている。  シグマはその後75年まで、3年連続して参戦するも、2年目はチェッカーを受けたものの周回数不足で完走とは認められず3年目ともリタイア。75年を限りに参戦を休止することになり、少なくとも結果から見る限り、散々なチャレンジと映るが、彼らによって“ニッポン”の本格的なチャレンジが始まったのは紛れもない事実。しかも彼らがエンジンをレンタルすることになったマツダをル・マンに引きずり込んだのも、また歴史的事実だ。  国内屈指のレーシングコンストラクターへと成長する童夢と、国産(ブランド)車として初優勝を成し遂げるマツダスピードが、初めてル・マンに足跡を残したのは79年のことだった。  童夢を主宰していた林みのるは、それまでにもカラスやマクランサなどのレーシングカーを製作してきたが、79年のル・マンに持ち込んだ童夢ゼロRLはより本格的で、コスワースDFVを搭載したグループ6。2台が登場し、クリス・クラフトとゴードン・スパイスがドライブした1台が、いきなり予選で14番手グリッドを得たことからも分かるように、ポテンシャルは決して低くなかった。  そして翌80年に登場した発展モデル、童夢RL80は予選7位でスピードを見せつける。とともに決勝でも25位で完走。さらなる好結果を目指して童夢のチャレンジが続くことになった。  一方のマツダスピード、こちらはまだ誕生前で、その前身となったマツダのディーラー、マツダオート東京のスポーツコーナーが中心となって組織されたマツダオート東京チームも、童夢が登場した79年に、ル・マン初挑戦を行っている。  マシンは市販スポーツカー、RX-7をベースにしたグループ5仕様。由良拓也デザインの流麗なボディを持ったグループ5仕様の252iは別のデザイン仕様だが、生沢徹や寺田陽次朗がドライブしたものは、トラブルが相次ぎ予選で敗退。残念ながら決勝進出は果たすことができなかった。それでもRX-7をベースにして82年の254まで発展。82年には従野孝司/寺田らにより14位で完走を果たしプロジェクトは第2章へとステップアップした。

【関連記事】