Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

立教大の「三羽ガラス」となるか。 悲願の箱根駅伝出場に向け期待の1年生3人

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
webスポルティーバ

箱根駅伝予選会がいよいよ始まる。今年も46もの大学が「10」の出場枠を目指して激突する。立教大は創立150周年記念事業である「立教箱根駅伝 2024」に向けて、本戦出場を目指し、その準備を着々と推し進めている。 美女アスリート・ヘンプヒル恵 厳選カット集 昨年の予選会は23位だったが、今年は能力の高い1年生を獲得し、上野裕一郎監督も「どのくらいできるのか楽しみです」と声を弾ませる。そんな上野監督がとくに期待を寄せているのが、中山凜斗、関口絢太、内田賢利の1年生3人だ。立教大の「これから」を担う3人を直撃した。 中山凜斗 ---- 立教大への進学を決めた理由を教えてください。 「一番は上野監督に最初に声をかけてもらったことです。それに一から箱根駅伝を目指すということにも興味がありました。監督に『個々の選手の力を伸ばすので、自分のやりたい競技をやってもいい』と言われたのも大きいです。練習メニューもそれぞれ調整するということで、そうした環境でできるならやりたいと決断しました」 ---- 出身が九州学院なら他大学からの勧誘もあったと思いますが。 「高校2年の時には、ほぼ立教に決めていました。自分は強豪校で先輩が強いと硬くなってしまって......でも立教なら、先輩と一緒に切磋琢磨していると感じましたし、それが自分に合っている環境だと思ったので、迷いはなかったです」 ---- 夏合宿では練習後に、監督からTT(タイムトライアル)で勝負しようと言われていましたね。 「たまに言われてやるんですが、全然勝てないですね(笑)。一緒に走ると、こっちを向いてニヤニヤしてくるんですよ。監督は日本の陸上界を引っ張ってこられた方なので、尊敬しています。でも、もう選手ではなく監督じゃないですか。そこで勝たないと箱根駅伝もないと思っていますし、よく記事にも『選手よりも速い監督』と出るので、近いうちに勝ちたいと思っています」

---- 夏合宿はどのようなテーマで臨んだのですか。 「いかに距離を踏むかですね。夏にベースをつくっておかないと長い距離を走れないですし、上野監督からも『夏に距離を踏んでおけばハーフを走れるようになる』と言われたので、追い込みすぎず、練習に支障をきたさない程度に距離を踏んでいました」 ---- いよいよ予選会です。距離はハーフですが狙っているタイムは。 「64分は切っていきたいです。他大学の力のある選手が積極的に出てくると思いますが、その時にオーバーペースでついていくのではなく、自分の力を知ったうえでついていける集団や選手を見極めて、15キロ過ぎからいけるところまでいって、少しでもタイムを縮めたいです」 ---- ピーキングはしっかりできるほうですか。 「自分で言うのもなんですが、大きな大会ほど調子を合わせることができます。インターハイも都大路も自分なりに走れて、それが大きな自信になっています。高校の時の先生からは『レース前だからといって守りに入ってしまえば、そういう走りしかできなくなる』とよく言われました。とにかくリラックス状態で過ごし、守りに入らないよう、予選会も今までの大会のように気を抜かずに合わせていきます」 ---- 大学4年間の目標を教えてください。 「箱根駅伝に出場することです。1年でも早く実現したいですね。個人的には1万mとハーフで結果を出したいです。高校の先輩である西田(壮志/東海大4年)さんはすごく活躍しているじゃないですか。自分が九州学院に入学した理由は、西田さんが高校3年の時に都大路の1区で先頭になって引っ張っているところを見て、カッコいいと思ったからです。その憧れの西田さんのように1万m、ハーフで活躍できる選手になりたいです」 ---- では、箱根駅伝を走るとしたら5区ですね。 「いえ、上りが得意ではないので、5区だけは勘弁って感じです(笑)。5区、6区以外でしたら......2区なら大丈夫です」

【関連記事】