Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「あなた、妊娠してたの!?」 保護した子猫がベッドで突然の出産、助けた女性の苦闘と決断とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
アーバン ライフ メトロ

いつも見掛ける子猫を保護したら

 そろそろ梅雨が明けて、暑さが本格的になりそうな時期でした。  猫のシェルターを運営している私(山本葉子。東京キャットガーディアン代表)たちの元には、子猫の保護依頼の連絡が連日メールなどで届きます。このときは、若い女性と思われる文面でした。 【画像】生まれたばかり……保護されたチビ子猫たちを見る(9枚) 「私は飼ってあげる決心がつかないのですが、行き場がないのか子猫が家の前によく来るんです。一時的な保護はできるので、そのあと引き受けてくれるところを探しています」

その夜まさかの事態が待っていた

 お聞きした大きさからすると3~4か月くらいの猫でしょうか。白のボディーに淡い橙(だいだい)とグレー。三毛ちゃんだから女の子ですね。  実家で猫を飼っていたので、猫は大好きだし保護もできそうだと言うので、おいしいご飯で仲良くなって貸し出したキャリーケージに誘導するようにお願いしました。  そして、2日後。  捕獲はうまくいって、家に一時保護することができたと電話がありました。良かった良かった。ひと晩おいてご飯をたっぷり食べて、落ち着いてからシェルターに連れて行きます、とお約束。  私も彼女もホッとひと息だったのですが、まさかの事態が待っていました。  ここからは彼女の話です。  保護した小さい猫(仮称チビちゃん)は、家の中に入れるとよくご飯を食べて甘えるようにずっと鳴き続けたので、思い切ってキャリーケージから出しました。  怖がる様子もなく、なでられるととってもうれしそうに体や頭をなすり付けてきて、「助けてあげて本当に良かった」と思ったそうです。

布団に広がる真っ赤な血のシミ

 ひとしきり部屋を探検したらベッドにも付いてきて、掛け布団をあちこち「ふみふみ」した後で彼女の足元の方で丸くなって寝る体勢。  久しぶりの猫がいる生活に興奮したり、「やっぱり飼ってあげられないかな」と考えてみたりしながら眠りにつきました。  夜中にふと起きて、最初に感じた違和感は手触り。なんだかぬるぬるする。続いて匂い。知っているけど思い出せない匂い。  手探りで電気をつけて見下ろすと、掛け布団と敷布団の間に真っ赤な血のシミが広がっていました。  一瞬自分の体に何かあったのかと思い、続いて猫の具合が急変したのかと考え、布団を大きくめくってみると、そこには保護したあの子とたくさんの生まれたばかりのベビーたちがいました。

【関連記事】