Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本の携帯電話料金、2019年度は安くなった? 総務省が国内外の比較調査

配信

Impress Watch

 総務省は、通信サービスの料金に関して、国内外の価格の違いをまとめたレポートを発表した。2020年3月(2019年度末)時点でのもの。 【この記事に関する別の画像を見る】  国内では、2019年10月から改正電気通信事業法が施行され、端末割引の上限が2万円まで、期間拘束型の料金プランを中途解約した際の解約金が1000円までになるなど、新たな規制が導入されて間もない時期での調査となった。  携帯電話の料金に関する調査では、シェア上位3~4社(サブブランド含む)のうち最も安い後払いタイプと、シェア1位の料金プラン(日本ではNTTドコモ)の料金について、東京、ニューヨーク、ロンドン、パリ、デュッセルドルフ、ソウルでの価格が比較されている。 ■2GB/5GBプラン、国際的には中くらいの水準  調査を見ると、月間2GBの料金で東京は2758円(ワイモバイルのプランS、新規割、データ増量オプション)だった。これはニューヨーク(5740円)、ソウル(2830円)に次ぐものだが、東京より安い都市と比べれば倍の値付け。  年度別の推移をみると、2GB、5GB、20GBいずれのプランも、2017年度→2018年度の東京はいったん安くなったが、2019年度になるとふたたび高くなったことがわかる。  一方、ドコモの料金については、2014年度以降、2GB、5GB、20GBいずれでも料金は安くなってきたことがわかった。  一方、MVNOの料金については、2GB、5GB、20GBいずれも世界的に高い水準になっていることがわかった。2017年度からの推移も増加、あるいは微増する形となっている。

ケータイ Watch,関口 聖

【関連記事】