Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

福士蒼汰が「浦島」に、宮野真守が「狸」になる! そしてふたりは動物に例えると「犬」!? 「YouTubeライブ会見~浦カチについて語ってみた~」レポート

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
エムオンプレス

ヴィレッヂプロデュース2020“Series Another Style” 『浦島さん』『カチカチ山』の出演キャストによる「YouTubeライブ会見~浦カチについて語ってみた~」が9月9日(水)に生配信された。 本作は「劇団☆新感線」「劇団、本谷有希子」などの演劇公演を制作している株式会社ヴィレッヂによるプロデュース公演のひとつで、コロナ禍でも楽しめるエンターテインメントを模索した結果、密にならないキャスト&スタッフによる、“今ならでは”の三人芝居(『浦島さん』)&二人芝居(『カチカチ山』)の作品として、10月4日(日)より東京建物Brillia HALLにて上演される。 ここでは、開幕に先駆け行われた、福士蒼汰、宮野真守、粟根まことらキャストが登壇した「ライブ会見」の模様をレポート。 【詳細】「YouTubeライブ会見~浦カチについて語ってみた~」の様子 取材・文 / 西村由美 ◆『浦島さん』『カチカチ山』どちらも“挑戦”がキーワードになる ヴィレッヂプロデュース2020“Series Another Style” 『浦島さん』『カチカチ山』のキャストには、惜しくも2022年に公演が延期となった、いのうえ歌舞伎『神州無頼街』に出演する、福士蒼汰が『浦島さん』、宮野真守が『カチカチ山』の主演を務め、『浦島さん』には劇団☆新感線の羽野晶紀、粟根まこと、『カチカチ山』には井上小百合が出演。 太宰 治の小説『お伽草紙』を原案に、『浦島さん』の脚色は圧倒的な筆力で二重三重の織物のような劇構造の中に真実を構築する倉持 裕、『カチカチ山』の脚色は人間の善悪を織り込んだ駆け引きめいた心の襞を書かせたら日本一の青木 豪が手がけ、演出は、いのうえひでのりが両作とも担当する。 福士と宮野は、2017年末~2018年頭にIHIステージアラウンド東京で同時期上演された劇団☆新感線の舞台『髑髏城の七人』Season月<上弦の月><下弦の月>のダブルチームでそれぞれ主演を務めており、粟根まことは<上弦の月>で福士と、羽野晶紀は<下弦の月>で宮野と共演。井上小百合はいのうえ演出には初参加となる。 「今だからこそできること。今だからこそやってみたいこと。」という、本作のスローガンとも取れるメッセージが画面に映し出され、『浦島さん』で「性根の悪い亀」を演じる粟根まことの進行で「YouTubeライブ会見~浦カチについて語ってみた~」は始まった。 水色のTシャツを着た福士蒼汰が「こんにちは! 短い時間ですが、いろんなことを話したいと思います」と爽やかな笑顔を見せ、オレンジ色のTシャツ姿の宮野真守は「皆さん、こんばんは。狸でーす! あ、宮野でーす」と満面の笑みで登場。 皆、上部分に公演タイトルロゴが入っているお揃いのTシャツを着ていることに粟根がさっそく振れると、宮野が「自分の主張が激しいよね?」と笑いながら、3人とも視聴者に見えるようにTシャツをつまみ上げ、中央に「浦島」=福士、「狸」=宮野、「亀」=粟根、とそれぞれの役名が書かれていることを見せてくれた。 『浦島さん』で「浦島」を演じる福士は最初に「本当はこの時期に『神州無頼街』を宮野さんと一緒にやるということだったのですが中止となり、粋な計らいで“今しかできないこと”があるだろうと、『浦島さん』『カチカチ山』を上演することになりました。2022年に向けて、この作品でより強固なチームワークをつけて、また宮野さんと共演したいなと思っております」「久しぶり。やっと会えたね」と宮野にあらためて声をかけ、嬉しそうに手を振り合う姿を見せる。 続けて福士が、倉持が手がけた『浦島さん』の脚本について「原作は太宰(治)先生の書評というか、『浦島太郎』を読んでどうだったかという考察的なお話だったので、これを舞台でどうやるんだろうなと思っていたら、すごくうまく脚本に落とし込まれていましたし、いのうえさんの色の濃さというのも相まって面白くなるだろうなと思いました」と感想を述べる。そこに横にいる宮野から「こちらは二人芝居ですが、そちらは三人芝居なんですよね。どうですか?」と質問が飛ぶと、「いやぁ……もう……僕、舞台が2度目なので。結構ドキドキ、今、頭パンパン状態で毎日取り組んでいます」と苦笑いを浮かべた。 さらに、同じ稽古場で福士を見ている粟根から「福士くんはね、かなりいのうえさんにしごかれているけど大丈夫?」と心配の声がかかると、「精一杯やるしかないので、言われたことを自分の身体に染み込ませて、感情面も動かしながら、いのうえさんの理想に近づけていくというのを心がけています」と力強く返し、「やっていて、今の社会にもメッセージ性があるなと思う作品。日頃感じている、ネガティブな部分だったり、ポジティブな部分だったり、そういうものをたくさん描いているので」と作品性についても触れた。 ここで『浦島さん』出演の乙姫 役 羽野晶紀からのコメントが紹介される。 羽野は「乙姫は、きらびやかでお美しいプリンセスのような人を皆さんは想像していると思いますが、私にオファーが来た時点で、決してそうではないということになると思いますよ」と自身の役について語ったと思うと、最後に大きな声で「福士くーーん! 頑張ろう。私はだいぶ頼りにならないと思うんで、ほぼふたりで頑張ってください(笑)」と共演する福士と粟根に声がかけられ、さらに「マモちゃーん! 逢いたいよ~♪」との言葉を残す。 これには3人とも大笑い。そんな羽野の印象を福士は「めちゃくちゃキュートな人。稽古の初日からハイパー元気な感じで。ある種、乙姫っぽいなって感じがしました。い、異次元というか……すごく可愛らしいなと思っております」と語った。 続いて宮野が『カチカチ山』について「福士くんもおっしゃっていましたが、“今だからできること”をみんなでできることが本当に嬉しいなと思います。『カチカチ山』も原作は太宰視点の考察で、どうやって舞台でやるんだろうと思っていたのですが、なるほどの青木さんの脚本でした。太宰の弟子を立てて、彼の目線で描かれていくので、面白い解釈だなと思いました」と丁寧に作品に触れていく。 すると、静かに聞いていた福士から「聞いたところによると、歌ったり踊ったりもしているらしいじゃないですか?」とツッコまれ、「お、福士くん、それ言っちゃう?(笑)そうなのよ! ソロの曲もありますし、エンターテインメント色の強い作品になると思います」と、見どころについても付け足した。 また「少人数制だからというのもありますけど、台詞量がハンパないですよね?」と皆が共感する長台詞についても「最初に台本をいただいたときは“嘘だろう?”って思いました」と発言し、福士も大きくうなずきながら笑う。「今回は小規模で行う最少人数のお芝居と言われていますけど、僕にとっては人生最大のチャレンジです」という宮野の言葉には粟根も「どちらのチームにおいても“挑戦”がキーワードになるんじゃないかと思います」と明言する。 ここでまた『カチカチ山』もうひとりの出演者、兎 役の井上小百合からのコメントも届けられた。 井上は「私が子供の頃に読んだ『カチカチ山』は、悪い狸をお利口さんな兎がやっつけるという印象だったんですけど、今回は私が演じる兎の方がワルといいますか、口も悪いし、息が上がってしまうほどずっとキレてるんです(笑)。このふたりの関係性っていったいどうなんだろうというのがちょっとずつ暴かれていくのも面白いと思います」と抱負を述べたあとに、共演の宮野へのメッセージがくるかと思いきや、「宮野さーん! ひとつ質問があります。自分を動物に例えたら何ですか? ちなみに私はスローロリスです。穏やかな性格そうに見えるんですけど、実は猛毒を持っているという動物がいるんです」と前フリし、回答を促す。 宮野は「僕は何だろう。犬っぽいと思います。すぐ尻尾振るみたいな」と答え、福士が「僕も犬だと思うんですけど、自分のことを小型犬と思ってる大型犬だと思います」と言うと、宮野が「福士くんとプライベートで会うと、やっぱり犬っぽいです(笑)。すごいボケるの。ボケたがりなんだよ!」と福士の素の顔を明かそうとし、「その話はいい、いい!」と福士が恥ずかしそうな笑みでストップをかける。このやりとりを微笑ましく眺めていた粟根は「ふたりとも気の優しさが出てて、犬っぽいのはわかります。おじさんは、屁理屈阿呆眼鏡という新種の動物です」と回答して爆笑を誘う。 あらためて井上の印象を粟根から問われた宮野は「アグレッシブ。小柄で華奢な身体からすごいエネルギーを出しながら頑張っていて。今作では今までに見たことのない彼女が見られると思いますよ。とんでもなく汚い言葉を使うので。思考がね、残酷なんですよ」と言うと、「では、今までにあまり見たことのない、宮野真守がいじめられる姿が見られるということですね」と粟根がまとめる。すると、福士が「俺、兎やりたいかも。いじめたい~(笑)」と言い出し、宮野も「福士くんなら自然にできそうだよね。“宮野さん、クサイ”とかきつく言いそう(笑)」と、仲の良いふたりの関係性がさらに伺えた。 その後、マスコミや視聴者からの質問に答えるコーナーもあり、「相手にこれだけは頼りたい、逆に自分にこれだけは任せてということは?」という質問や本番の衣裳について、原作と脚本を読んだ印象の違い、演出のいのうえひでのりについてなど、短い時間ながらもたくさん語ってくれた3人。プライベートでも親交のある福士と宮野だからこその肩肘張らないラフさを見せながら、笑いたっぷりのトークを繰り広げた。 最後にそれぞれからメッセージが送られた。 粟根「皆さんがご存知のお伽ばなしとはストーリーの流れは一緒なんですけど、“え、こんな話なの!?”という全然違う作品に仕上がっていますので、お楽しみにしてください」 福士「皆さんが知っている『浦島さん』とはまたちょっと違って、登場人物がみんなエネルギッシュに喋って動いていますので、そういうところが見どころになってくるかと思います」 宮野「今回、この状況の中で何ができるのかをみんなで追求して作った企画ですけど、苦肉の策ではなく、急遽やる作品でもなく、台本を読んでいても、演出を受けていても、最高のエンターテインメントはこうやってまた生み出せるんだなと感じています。歌もあり、ダンスもあり、僕自身も今までにない最大のチャレンジと言っていいほどの台詞量だったり、運動量だったりする。この状況でも僕らは最高のエンターテインメントを作れるんだという自信がありますので、皆さんも楽しみに待っていてほしいなと思います」 公演は、10月4日(日)より10月17日(土)まで東京建物Brillia HALLで上演されると同時に、全公演ライブ配信も行われる。会見の中で福士が「どこに住んでいようが、簡単に観られるというのは演劇に触れるいい機会だなと思いますし、ライブ配信をきっかけに、次は生の舞台を観に行きたいなと思っていただけたら」、宮野も「全公演ライブ配信ということなので、生でやっている舞台の良さというものを毎日伝えていけたら」と語っていたように、ふたりがステージでそれぞれ本作に“挑戦”している姿をリアルタイムで体感できるのも、“今だからこそ”の一興だ。皆さんが知っているお伽ばなしが、このキャストによりどのような変化を遂げるのか、見るべき面白さを持った作品の開幕を楽しみに待ちたい。 福士蒼汰が「浦島」に、宮野真守が「狸」になる! そしてふたりは動物に例えると「犬」!? 「YouTubeライブ会見~浦カチについて語ってみた~」レポートは、WHAT's IN? tokyoへ。

エムオン・エンタテインメント

【関連記事】