Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本人とアラブ人が考える「理想の仕事」の違い

配信

ニューズウィーク日本版

<ビジネスにおける「日本人マインド」と「アラブ人マインド」は違うが、両者をつなげる「パブリック・ディプロマシー」がこれからますます重要に>

ここ数年、日本とアラブ諸国の経済または科学技術の交流が徐々に深まっていくにつれて、日本人とアラブ人の接触する機会が増えている。ただ、言語と文化の壁により、互いの社会の情報を完全に理解できず、受け入れられないことがある。互いの偏見や誤解、ステレオタイプといった障壁によって対立が蔓延する国際社会を前に、注目を集めているのが「文化外交」とも訳されるパブリック・ディプロマシー (public diplomacy) である。 この種の外交の中心となるのは必ずしも政府だけでなく、政府と民間が連携して取り組むことでより大きな効果を生み出すとされている。 パブリック・ディプロマシーの関連分野はさまざまだが、その中で私が特に注目するのは「ビジネスや仕事の感覚」というものだ。 大半の人々は、生きていくために働かないわけにはいかない。また人間は労働という行為を通して、自らの存在意義を確認する。つまり働くということは、個々人の独立と自尊心の充足にとって必要不可欠な行動だ。ただ、国のいろいろな事情によって仕事の感覚とそのリズムはバラエティーに富んでいるのが実情である。それでは、アラブ人はどのような仕事のあり方を理想的だと考えているのだろうか。 NHK放送文化研究所の「日本人の意識」調査にある条件項目を参考に、「理想の仕事」についてアラブ人50人に聞いてみたところ、次のような条件があがった。 1)働く時間が短い仕事 2)失業の心配がない、安定した仕事 3)高収入が得られる仕事 4)責任者として采配が振るえる仕事   5)世間から一目置かれ、もてはやされる仕事 6)世の中のためになる仕事 7)専門知識や特技がいかせる仕事 この中で、アラブ人が最も重視している条件は何かに関しては、その人の出身地によって差が見られるだろう。 ペルシア湾岸地域出身のアラブ人30人に、「一番理想の仕事の条件は何か」と聞いてみたところ、トップの答えは「責任者として采配が振るえる仕事」だった。アラブ人全般(50人)では、「世間から一目置かれ、もてはやされる仕事」「専門知識や特技がいかせる仕事」「働く時間が短い仕事」の3つの答えが並んだ。 アラブ人の仕事感覚には1つの特徴が見られる。それは「独立志向」だ。「さすが一匹狼のアラブ人だなあ」と思うかもしれない。確かにアラブ人は独立して一国一城の主になることに価値を見出すところが大きいが、今の時代ではこの常識も消えつつある。目まぐるしく変化する経済事情などによって、引き受けるリスクが増大している。そのため、リスクを伴った「独立志向」がだんだん減少し、「安定志向」が増えているのだ。

【関連記事】