Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

今井-鮎ケ瀬(作新学院)や徳山-福井(大阪桐蔭)など!名投手とバッテリーを組んだ選手たちの現在

配信

高校野球ドットコム

 甲子園では数々の名投手が誕生してきたが、彼らを支えた捕手はどのような野球人生を歩んでいるのだろうか。今回は高校野球を盛り上げ、我々の記憶に刻まれた4組のバッテリーを紹介し、彼らの現在地をまとめた。 【動画】これからの覚醒が楽しみ!ブレイク候補のドラフト候補17名 2014年夏 ベスト4 投手 飯塚 悟史(日本文理―横浜DeNA) 捕手 鎌倉 航(日本文理―法政大―JR東海)  中学時代(直江津中)からバッテリーを組み、2014年夏は甲子園ベスト4へ牽引。飯塚は2014年ドラフト7位で横浜DeNAに入団。一方鎌倉は、法政大に進学し、現在はJR東海でプレーする。 2016年夏 優勝 投手 今井 達也(作新学院―西武) 捕手 鮎ケ瀬 一也(作新学院―国際武道大)  2016年夏、優勝投手となった今井は一気に全国区の投手へ。その秋のドラフトで、西武に単独1位指名を受け、プロの世界へ足を踏み入れた。鮎ケ瀬は国際武道大へ進学し、大学2年の全日本大学野球選手権準優勝に貢献。今年は大学ラストイヤーのシーズンを迎える。 2017年夏 優勝 投手 清水 達也(花咲徳栄―中日) 捕手 須永 光(花咲徳栄―国士舘大)  2017年夏、花咲徳栄の初優勝の立役者となった清水は、ドラフト4位で中日に入団。今年でプロ3年目のシーズンを迎える。須永は、高校時代、5番・捕手として活躍し、国士舘大学へ進学した。 2017年春 優勝 投手 徳山 壮磨(大阪桐蔭―早稲田大) 捕手 福井 章吾(大阪桐蔭―慶応大)  2017年春から大阪桐蔭の黄金期を支えた二人。徳山は進学した早稲田大学で大阪桐蔭のチームメイトで、怪我から捕手復帰を果たした岩本 久重とバッテリーを組む。  2019年秋季は5試合に登板し3勝1敗防御率1.50と好成績を残している。  主将も務めた福井は、徳山以外にも、一つ学年下の柿木 蓮、根尾 昂、横川 凱などともバッテリーを組んだ。慶應大学に進学し、昨年の明治神宮野球大会準決勝城西国際大戦では代打で出場している。  このように、それぞれが高校卒業後も野球を継続し奮闘中だ。高校時代以上の活躍を期待したい。

【関連記事】