Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アダム・ サンドラー、主演映画『ヒュービーのハロウィーン』で故キャメロン・ ボイスを偲ぶ。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

昨年7月に睡眠中のてんかん発作により20歳の若さで亡くなったキャメロン・ ボイスを追悼し、アダム・ サンドラーがNetflixで配信中の主演映画『ヒュービーのハロウィーン』のエンドクレジットに心のこもったメッセージを綴った。「愛すべきキャメロン・ ボイスを偲んで。あまりにも早く逝ってしまった、我々が知る中で最も親切で、クールで、面白くて、そして才能のある若者だった。君は私たちの心の中で永遠に生き続け、日々寂しく想われることだろう」 2010年のコメディ映画『アダルトボーイズ青春白書』と2013の続編で2人は共演し、アダムは父親のレニー役、キャメロンは息子のキース役を演じていた。アダムはキャメロンの訃報を聞いた際、「あの若者が大好きだった」と悲しみに暮れたそうで、当時こうコメントを残していた。「あまりにも若い。凄く魅力的で、とても面白い子。ただただ優しくて、物凄い才能で、とてもきちんとした子。凄く家族思いで、世界をとても気にかけていた。キャメロン、君が私たちに与えてくれたもの全てに感謝するよ。まだ色んなことがたくさん待っていただろうに。私たちはみんな悲しみに暮れている。君の素晴らしいご家族へ、心からお悔やみ申し上げます」 昨年にはこれまでキャメロンの遺したものを称え、「暴力やネガティブな行為に代わるものとして、若者に芸術的で創造的な場」を提供支援するキャメロン・ボイス・ファウンデーションが遺族によって設立されている。

【関連記事】