Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スバル、WRX S4の特別仕様車「WRX S4 STI Sport♯」の予約受付を開始

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
carview!

スバルは5月26日、今年7月6日に発表を予定しているWRX S4の特別仕様車「WRX S4 STI Sport#」の先行予約受け付けを開始した。予約受付期間は5月26日から10月22日までで、注文が500台に達した時点で終了となる。 【写真をもっと見る(9枚)】 WRX S4 STI Sport#は、高性能スポーツセダン「STI Sport EyeSight」をベースに、内外装をスポーティに仕立て、さらに加速時のエンジントルク特性を強化するなど、機能面にも手を入れたモデル。 外装は、コンプリートカーの「S208」やWRX STIのフィナーレを飾った限定車「EJ20ファイナルエディション」に採用されたエアロパーツを装備。具体的には、大型フロントアンダースポイラー、フロントグリル、リアアウトレットグリル付きのリアバンパーを装備し、ホイールはブラック塗装を施した18インチアルミホイールを装備し、ただならぬ雰囲気を醸し出している。 内装は、標準のSTI Sport EyeSightがボルドーを随所に取り入れているのに対し、STI Sport#は全体をブラックでまとめつつ、シルバーのアクセントをあしらった落ち着いたトーンに。またレカロシートの表皮には肌触りに優れたウルトラスエードとレザーを生み合わせた仕様となる。また、ウルトラスエードはステアリングホイールやドアトリム、ドアアームレスト、リアシートにも採用され、インテリアの質感アップに寄与している。 機能面では、STI製低背圧パフォーマンスマフラー&エキゾーストパイプリアやSTI製エアクリーナーエレメント、CVTオイルクーラー&ラジエターファン強化タイプを採用し、エンジンレスポンスや冷却性の向上が図られている。エンジンのピークトルクは変わらないものの、そこに至るまでの過渡域でのトルクが最大で約10%向上しているという。 このほかにも吸音材、制振材の追加により静粛性が高められているほか、フレキシブルドロースティフナーを前後に採用(リアへの採用はスバル初)するなどの専用チューニングが施され、上質な乗り味や操舵応答性の向上を実現しているという。 価格は、STI Sport EyeSightに対して57万2000円高の474万1000円。ボディカラーは特別設定色のセラミックホワイトをはじめ、アイスシルバーメタリック、クリスタルブラックシリカ、WRブルーパールの4色が設定される。

株式会社カービュー

【関連記事】