Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

高梨臨、波瑠&伊藤健太郎と初共演「とても楽しく」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MusicVoice

 女優・高梨臨が20日放送のテレビ朝日木曜ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(午後9時~)第3話にキーパーソンとしてゲスト出演。高校教師役に初挑戦する。メインキャストの波瑠、そして今回ともにメインゲストとして登場する伊藤健太郎とは初共演。「とても楽しくお芝居させていただきました」と振り返った。 ■2人の「謎の関係」がカギ!?  警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査する。8月20日の第3話では、朋&理沙が高校バスケットボール部の名物コーチが殺された3年前の未解決事件と、新たに起こった議員秘書の殺人事件の関連性を疑い、捜査を始める。  ヒントとなるのは、まさかの国語辞典? これらの事件を解決するカギを握る「高校の国語教師・藤沢さおりと、その教え子で強豪バスケットボール部のキャプテンだった唐木田玲一の謎の関係」に迫っていく。  この「謎の関係」にあるキーパーソンたちを高梨臨と伊藤健太郎が熱演。高梨いわく「先生と生徒のちょっと切ない青春ストーリー」を、見えそうで見えない絶妙なベールで包みながら表現し、さまざまな形で捜査を撹乱していく。 ■高梨がポーカーフェイスのキーパーソンに  高梨が演じるさおりは真面目で、お硬い印象のある国語教師。生徒に興味を持たせるため、授業に国語辞典を使ったクイズを取り入れており、その授業は教え子の教育実習生・玲一も影響を受けたほど。だが同校のバスケットボール部コーチが殺された3年前に、彼女が出題したクイズのひとつに理沙は違和感を覚えることになり、捜査は大きく動き始める。  清廉潔白に見えて、どこか怪しくもある…そんなポーカーフェイスのキーパーソンともいうべき人物に、高梨も興味津々。「脚本を読んで、藤沢さおりという女性を演じるのが楽しみになりました」と、胸を躍らせながら役に挑んだことを明かした。  さらに、高梨がもうひとつ楽しみにしていたのが、波瑠&伊藤との初共演だ。特に波瑠に対しては、「クールなイメージを持っていましたが、実際はフラットで堂々とされている感じもある方! 一緒のシーンは多くはなかったのですが、とても楽しくお芝居させていただきました」と、新たな発見も含めて共演を楽しんだそう。2人がここぞというポイントで繰り広げる“見応えたっぷりの芝居合戦”は見どころの一つといえそうだ。 ■高梨臨コメント  脚本を読んで、藤沢さおりという女性を演じるのが楽しみになりましたし、何より波瑠さんと伊藤健太郎さんと初めて共演させていただけるのが楽しみでした。共演するまでは波瑠さんに対してクールなイメージを持っていましたが、実際はフラットで堂々とされている感じもある方! 一緒のシーンは多くはなかったのですが、とても楽しくお芝居させていただきました。  第3話は高校で起きた未解決事件が描かれます。事件の中に隠されている“先生と生徒のちょっと切ない青春ストーリー”を楽しんで見ていただけたら、うれしいです。 ■第3話『高校体育教師殺害編』(8月20 日放送)あらすじ 熱心な指導で私立稜泉学園のバスケットボール部を全国大会初出場へと導いた名物コーチ・片山彰(谷田歩)。そんな学園きっての英雄ともいえる片山が全国大会の開幕前日、何者かに殺された。 だが、犯人の特定は思いのほか難航…。事件は未解決のまま、月日は流れてしまっていた――。 あれから3年。ある日、参議院議員の公設秘書・上原望(沢井美優)が自宅のリビングで殺されているのが見つかる。しかも、リビングのDVD デッキに入っていたディスクには、非常に整った筆跡で「稜泉学園バスケ部 木曜日」と記されていたのだ! 収録されていた映像は、例の未解決事件から3年が経ち、再び全国大会出場の切符を手にした同校バスケ部の特集番組。だが奇妙なことに、録画されていたのは番組の途中からで、ディスクに残された指紋も被害者のものではなかったのだ! 2つの事件には何らかのつながりがある――そうにらんだ矢代朋(波瑠)ら「特命捜査対策室」第6係のメンバーは、さっそく録画された番組の元映像を手配し、最初から見直すことに。すると、そこに収められていた3年前の片山の指導映像に、なぜか望の姿が映り込んでいることが判明し…!? 手がかりを求めて稜泉学園へ向かった朋は、3年前に同校バスケ部のキャプテンだった教育実習生・唐木田玲一(伊藤健太郎)が、授業で国語辞典を使ったクイズを展開している姿を目撃。興味を示す朋に、玲一は高校時代に感銘を受けた国語教師・藤沢さおり(高梨臨)の授業の受け売りなのだと明かす。密かに玲一自身の“ある行動”が気になっていた朋は、彼が持っていた高校時代の授業ノートを借り、文書捜査のエキスパートである鳴海理沙(鈴木京香)に見てもらうことに。すると、理沙は“ある単語”と“出題された日付”の間に、どうにも拭えない違和感を覚え…!?

【関連記事】