Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【iDeCoとつみたてNISA】老後の資産形成には結局どちらが向いている?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ファイナンシャルフィールド

iDeCoとつみたてNISA。この2つの制度を、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。どちらも管轄官庁は違えど(iDeCoは厚生労働省、つみたてNISAは金融庁)、老後の資産形成のために国が用意してくれた制度といえます。 よく比較されがちな、この2つの制度。老後の資産形成という観点からは、どちらのほうが良いのでしょうか?

掛金上限額の比較

iDeCoは職種によって掛金上限額が異なります。いくつかのパターンがあるのですが、会社に企業年金がない会社員の場合、月額2万3000円(年額27万6000円)です。 これに対してつみたてNISAは、職種に関係なく誰であっても、年額40万円が上限額となっています。あえて均等に毎月換算をするとしたら、月額3万3000円程です。 こうして見ると、つみたてNISAのほうがよりたくさんの運用ができる、ということになりますね。もっとも自営業者の場合iDeCoの上限額は月額6万8000円(年額81万6000円)ですので、単純に掛金額だけを見たら、iDeCoのほうが有利です。

節税効果

iDeCoもつみたてNISAも節税効果が大きい、と聞いたことのある方が、多いかもしれません。iDeCoの場合は、税制上のメリットが大きくまとめると以下の3点あります。 (1)掛金が全額所得控除になる (2)運用益が非課税になる (3)受給時に退職所得控除等が使える つみたてNISAの場合は、税制上のメリットは運用益が非課税になる(最大20年間)ことのみで、掛金については何ら控除等の対象とはなりません。税制上のメリットが3段階にわたって用意されていることを考えると、節税効果としてはiDeCoのほうが大きいかもしれません。

お手軽さという観点

お手軽さ、という観点ではどうでしょうか。 iDeCoの場合、掛金額の変更は年に1回しかできません。一方でつみたてNISAは、掛金額の変更は、年間上限額の範囲内であればいつでも自由にできます。その時のもろもろの事情に合わせて、掛金額をコントロールしやすいのがつみたてNISAの特徴です。 また、iDeCoは原則60歳まで引き出しができません。老後の資産形成、という目的がより重視された設計といえます。これに対しつみたてNISAは、いつでも引き出しが可能です。 なお、iDeCoは、つみたてNISAのように選定された商品のみが市場に出ているわけではありませんので、多くの証券会社がさまざまな商品を販売しています。全部合わせたらすごい数になるはずです。 そうなると玉石混交ですから、特に初心者の方は、どこで何を買うのが良いのか迷いやすい可能性があります。 つみたてNISAの場合は、国民の健全な資産形成に資するものとなっているかという、金融庁の定める基準を満たした商品のみが対象とされますので、あらかじめある程度厳選されており、その意味ではiDeCoに比べてどれを買っても安心といえます。

【関連記事】