Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『ダイの大冒険』種崎敦美&豊永利行、新世代に届けたい“アバンストラッシュ” まねされるのが「声優業のやりがい」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 現在、テレビ東京系で放送中のアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(毎週土曜 前9:30~)。28年ぶりの完全新作として注目を浴びる中、ORICON NEWSは主人公・ダイ役の種崎敦美、ポップ役の豊永利行にインタビューを実施。収録現場では作中同様の“友情劇”があったという2人に作品への想いを聞くと、「『アバンストラッシュ』をまねしてほしい」と必殺技に込めた声優としてのやりがいを語ってくれた。 【画像】勇者になる特訓…修行するダイ! 最新アニメ場面カットがこちら  『ダイの大冒険』は、1989年から96年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載していた人気漫画が原作。主人公の少年・ダイが、ある日、島を訪れた“勇者育成の家庭教師”アバンに才能を認められ、勇者になる特訓をして秘められた力を開花させ、アバンの弟子・ポップ、マァムら仲間とともに、復活した魔王を倒し平和を取り戻すべく旅に出る冒険活劇。人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの世界観・設定を基にした完全オリジナルの世界で、テレビアニメが過去に91年10月から92年9月まで放送され、91年、92年(3月、7月)に映画化もされた名作だ。 ■キャスト一新で感じる責任 声優業の“正念場”に充実感 ――28年前の作品の完全新作ということで、当時のファンからの期待、さらに、キャスト一新という部分で非常にプレッシャーがあったと思います。世の中の反響はどのように受け止めていましたか。 【種崎】 出演が決まった時、プレッシャーと同時に作品とキャラクターへの責任感が強く生まれました。28年前の時は原作漫画が連載している途中でのアニメ放送でしたが、今回は物語が完結した上で作られるものになるので、前作へのリスペクトは持ちつつ、新しい「ダイの大冒険」を作っていくと事前に伺っていました。なので今回、ダイを演じるにあたり前作は見返さないことを決めました。あのころ見ていた作品への気持ち、魂のようなものは間違いなく自分の中にあるので、それを持ちつつ「自分なりの」ダイを演じようと思いました。作品が完結しているからこそのあえての演出や、キャラクターの見せ方など昔からのファンの方には、当時と今の変化も楽しんでもらえたらうれしいです。 【豊永】 難波圭一さんが演じていたポップを“襲名”というのは恐れ多いのですが、アニメーション作品が時代を経て見せ方が変わる中で、僕ら声優陣の芝居の表現も変わってきていると感じています。当時の作品に出演した方々は、その時にしかできなかったお芝居をされているわけで、僕らは過去作品をリスペクトした上で今しかできないお芝居をしていかないといけない。それにあわせて、当時のファンの期待に応えなくてはいけないので、今回はいつも以上にキャラクターと向き合ったと思います。声優業としてもひとつの大きな正念場にいるような気がします。  先代のダイ役・藤田淑子さん、ポップ役・難波圭一さんたち先輩方のお芝居のすばらしさは果てしないものがあります。調べてみると、当時出演していた方々は、今の僕らキャスト陣と年齢が近い部分があるので、今の僕は「どれだけ近づけているのだろうか」と考えたりします。ワクワク感、チャレンジ精神もあって、仕事に充実感を感じています。

【関連記事】