Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナの影響で進路が変わる? 入試を控える高校3年生の不安

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サライ.jp

休校期間が長かった学校は不利? 入試時期は変わる? 受験生の9割以上「受験に不安」、約8割受験勉強に「支障あり」約3割が受験方法の見直しを検討

現在、新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)を背景に、勉強や受験に対する不安の声が大きくなりつつあります。そのような中、日本の大学入試を支えるサービスを提供しているODKソリューションズ(ではこの度、2021年度(2021年4月入学者対象)入試を控えた高校3年生200名を対象に、「受験生への新型コロナウイルスの影響に関する調査」を実施しました。 ■調査概要 【調査対象者】2021年度(2021年4月入学者対象)入試を控える高校3年生200名 【調査方法】インターネットリサーチ 【調査期間】2020年4月27日(月)~2020年4月30日(木) 【調査協力会社】株式会社ネオマーケティング

●新型コロナの影響により、受験に不安がある受験生は9割以上(93.5%)!

すでに受験勉強に支障が出ていると感じている受験生は約8割(78.0%)! 「学校ごとの対応の差」「試験の中止・延期の可能性」「自宅学習」に不安の声多数 2021年度入試を控える受験生に、新型コロナの影響を背景とした受験への不安について尋ねたところ、「不安がある」「どちらかといえば不安がある」と答えた人の合計が9割以上(93.5%)にものぼることがわかりました。また、現在すでに受験勉強に「支障が出ている」「どちらかといえば支障が出ている」と答えた人は約8割(78.0%)に達しています。

「不安がある」と答えた人に具体的な内容を尋ねると、「学校ごとの対応(休校等)の差による勉学への影響(63.1%)」、「試験の中止・延期の可能性(60.4%)に不安」、「家での学習(59.4%)」が上位を占めました。 また、感染拡大防止のために「大学のオープンキャンパスに参加できない可能性」が約6割(58.3%)、「受験・大学に関する情報収集」が約3割と、学校選びのために必要となる情報収集に不安を感じている人が多いことがわかります。 加えて、受験までのスケジュール管理がしづらいことや、自宅学習による勉強の進捗、入試内容・試験方式変更の可能性、受験に対するモチベーションキープに対して不安を感じると回答した人がいずれも5割を超えており、先行きの不透明感を背景とした不安や相対的な学力が把握しにくい自宅学習等に対して不安を感じる人が多いことがわかります。

【関連記事】