Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

上沼恵美子が「無人島に行くなら」とあのベテラン俳優にラブコール

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 タレント・上沼恵美子(65)が7日、ABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」に出演。無人島に取り残された男を描いた映画「キャスト・アウェイ」(2000年公開)の話題から、流れで「無人島に一緒に行くなら」という話になり、俳優の長塚京三(75)を“指名”した。  上沼は「てっちゃんとは行きたくないですね」と共演者のシャンプーハット・てつじ(45)は拒否。てつじは「僕とじゃないと上沼さん、生き延びれませんよ」と忠告したが、「生き延びる気ないですね。舌噛んで死にます」とピシャリ。てつじは「どうせ死ぬんやったら、僕ともうちょっと頑張って下さいよ」と返した。  上沼は「誰と行きたい?長塚京三さんと行きたい」とベテラン俳優の名前を挙げた。てつじが「なんにもしゃべってくれませんよ」と言うと、上沼は「なんにもしゃべらんでええねん。私しゃべるから」と主張。てつじが「ほんなら(うるさくて)長塚さん、どっか行きますよ」といじると、上沼は「無人島やで!長塚さん!」と声を張った。てつじが「無人島くらいゆっくりしたいって」と続けると、上沼も「この女にしゃべられるぐらいなら、僕は死んだ方がマシですよ」と声色を変えて乗っかった。  その後、上沼は「長塚京三さんか上川隆也」と1人追加。てつじは「上川さんも渋いですし、頼りがいはありますけど、サバイバルの知識はあんまりなさそう。(ドラマを通じて)遺留品の知識は結構あるかも。それも死んだ後の話になってまうけど」と笑わせた。

【関連記事】