Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ケッチ、ジスペケ、ペケジェー…バイクの呼び名どれだけ覚えてる?

配信

&GP

ケッチやジスペケ、ペケジェーと聞いてピンと来る人は、70年代~80年代に青春時代を過ごした人か、昔からのバイク好きでしょう。いずれもバイクの車名で、それぞれ「KH」「GSX」「XJ」を意味します。今の若い人がこんな呼び方をしているのかはわかりませんが、アルファベットと数字の組み合わせが多いバイクの車名をこんな風に呼ぶことが流行った時代がありました。中には地域差なのか同じ車種でも異なる呼び名があるものも。メーカーごとにそれぞれ振り返ってみましょう。 【歴代モデルの写真はこちら】

ケッチやゼッツーなど種類が豊富なカワサキ

冒頭で紹介したケッチこと「KH」は、1976年に登場した2ストの3気筒エンジンを搭載したシリーズ。「KH400」と「KH250」が主なラインナップです。特徴的な3気筒エンジンは、「マッハ」シリーズから受け継いだもので、“ジャジャ馬”というイメージがありますが、「KH」になってだいぶ低回転の扱いやすさが増していたようです。ちなみに「マッハ」シリーズには「500SSマッハ3」、「750SSマッハ4」「350SSマッハ2」「250SSマッハ1」というラインナップがありますが、500SSは「H1(エイチワン)」、750SSは「H2(エイチツー)」というように型式で呼ぶのがバイク乗りの間では一般的でした。現行モデルの「Ninja H2」の車名もここに由来します。 ゼッツー=「Z2」といえば、カワサキの歴史に残る名車。1973年に発売された際の正式名称は「750RS」、1975年モデルからは「Z750Four」となります。「Z2」は型式名称で、それが愛称になったかたちですね。呼び方には地域差があったようで、ゼッツーというのは関東でのもの。関西では車名の末尾を取ってアールエスと呼ばれていたようです。

カワサキの歴史を刻んできたモデルとしては「W」シリーズも忘れることはできません。1966年に登場した「650-W1」はダブワン、その後継モデルである「650RS-W3」はダブスリー(あるいはダブサン)の愛称で親しまれました。シリンダーが直立した並列2気筒(バーチカル・ツイン)エンジンが特徴で、1999年にはこのエンジン型式を現代の技術で復刻した「W650」が発売されます。このモデルはダブロクと呼ばれ、その後継モデルで排気量アップした「W800」はダブハチと呼ばれるのが一般的です。 「W800」は2016年に排出ガス規制のために生産が終了しますが、2019年には新型となって復活。現在も新車で購入することができます。 そのほか、カワサキ車の愛称というと、1981年にエディ・ローソンがAMAスーパーバイクシリーズのチャンピオンとなったことで翌年に発売された「Z1000R」がローレプ(ローソン・レプリカの略)と呼ばれていたことも思い起こされます。また、1100ccから250ccまで揃っていた「ZZR」シリーズはゼットゼットアールが正式な読み方ですが、地域や世代によってダブルゼットアール、ズィーズィーアール、ダブルズィーアールなど多くの呼び方が存在しました。

【関連記事】

最終更新:
&GP