Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

働く主婦が考える「10年後の未来」…明るい?暗い?みんなの回答は

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
LIMO

女性が働くことが当たり前の社会になって、女性が第一線で活躍することが珍しいことではなくなりました。ただ育児や家事、仕事との両立も課題として残るため、今後どうなっていくのか気になるところです。 グラフ「今から10年後の未来…どうなってると思う?」 今回はビースタイルグループが展開している主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」の「働く主婦の10年後の未来をテーマにしたアンケート」をもとにして、主婦の考えを見ていきましょう。

10年後は夫婦対等に働く世の中に

ビースタイルグループが展開する主婦に特化した人材サービス「しゅふJOB」の調査機関であるしゅふJOB総研が行った「働く主婦の10年後の未来をテーマにした調査」によると、10年後に増えそうな夫婦の働き方としては「夫婦対等に共働き」が60.2%、次いで「夫が中心となって働き、妻は補助的に働く」が33.0%となり、この2つで9割以上を占めることになりました。 この他「夫が働き、妻は専業主婦」や「妻が中心となって働き、夫は補助的に働く」「妻が働き、夫は専業主夫」との意見もありますが、いずれも5%未満となりました。夫が働くことは変わらないのですが、妻も同様に働くスタイルが増えていくと考えてられているようです。

「10年後の未来は明るい」と思う?

10年後の未来が働く主婦にとって明るいと思うか? と質問をしたところ「明るい」と回答した人は6.5%にとどまり、「どちらかというと明るい」が25.3%、合計すると31.8%が「明るい」と前向きな回答をしています。 逆に「どちらかというと暗い」は23.7%、「暗い」が11.4%とネガティブな考えも35.1%との結果になりました。「どちらとも言えない」が33.1%となったことから、今の世の中をベースにすると、未来に対しては想像のしにくさがあるのかもしれません。

「明るい未来」の具体的なイメージは?

10年後の未来が明るいと考えている人は、具体的にどんなイメージがあるのでしょう。コメントを紹介していきます。  ・働く主婦が多数派となれる環境にあり、多数派にとって都合の良いように環境は変化し、そして一層働く主婦が増えるという構図が見て取れるので(40代:公務員/団体職員)  ・主婦がキャリアをベースに収入を増やし、家計にゆとりができることで金銭的にもゆとりができる(50代:契約社員)  ・現在は共働きでも女性に負担が集中しているが、半々とは言わなくても、今よりも男性が家事育児に参加する割合が増えていると思うから(40代:契約社員) 女性が今以上に働く機会を得ることで、キャリアアップをして収入も増やすことができるかもしれません。また夫の家事や育児への参加が増えて、妻の負担が減っていくのではないかと考えている人もいます。

【関連記事】

最終更新:
LIMO