Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ患者を地域で診る「相模原モデル」の苦闘

配信

東洋経済オンライン

新型コロナウイルス感染症への対応では、感染症指定医療機関などとともに、大学病院が重要な役割を担ってきた。神奈川県相模原市に立地する北里大学病院は、「相模原医療圏」(人口約72万人)で最も重篤な患者を受け入れる中核病院だ。2月以降の感染拡大局面では重症化を防ぐための取り組みが奏功し、すべての患者の治療を終えて退院させた。一方で、コロナ以外の診療の縮小による収支の悪化など、未曾有の事態にも直面した。新型コロナウイルス対応の困難をどう乗り越えてきたのか、岩村正嗣病院長および院内での感染対策を指揮した高山陽子・病院危機管理部感染管理室長にインタビューした。 この記事の写真を見る

  ――クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」でのパンデミックが判明したことから、神奈川県内の医療機関は2月初旬から新型コロナウイルス感染症への対応に迫られました。  岩村 クルーズ船が寄港した横浜市からやや離れていることもあり、当初は緊迫感において横浜市内の医療機関とは温度差があった。ただ、相模原市内の病院で、日本で初めてのクルーズ船の患者の死亡例が出たことから、一気に緊迫感が強まった。当院で最初に受け入れた乗客の方は陽性の疑いだったが、後に陰性だと判明した。その後、感染が判明した数名の患者の入院を受け入れた。

■院内感染リスクの最小化に取り組む  ――受け入れ態勢をどのように構築しましたか。  岩村 当院では高山室長らの感染管理室が中心となって患者の受け入れ対応をした。他方、災害派遣医療チーム(DMAT)や厚生労働省など、要請する側の窓口がいくつもあり、当初の受け入れは混乱をきわめた。  ――未知の感染症ゆえの難しさは。  高山 (武漢で新型ウイルス感染症が判明した)当初は情報が限られていたが、その後、世界保健機関(WHO)やアメリカ疾病予防管理センター(CDC)からさまざまな知見を得ることができるようになった。飛沫感染や接触感染への対策が何よりも重要であることをスタッフに周知しつつ、1月後半には職員に向けて最新情報を含めた教育セミナーを5回ほど開催した。

【関連記事】