Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

代々木競技場を埋めた「アニサマ」 5時間ぶっ続けで応援のファンに感激 バンナムアーツ副社長の「ハルヒ」前夜

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
NIKKEI STYLE

《連載》仕事人秘録 バンダイナムコアーツ 副社長 井上俊次氏(17)

市場規模が膨らんだ「アニメソング(アニソン)」ビジネスの立役者の一人がバンダイナムコアーツの井上俊次副社長です。1970年代にロックバンド「レイジー」で一世を風靡しました。井上氏の「仕事人秘録」の第17回では、「日常系」アニメや深夜アニメの立ち上がり時期を回想します。 【写真でふりかえる】レイジーのあゆみ

2005年、携帯電話向けコンテンツ配信のドワンゴはアニソンライブイベント「アニメロサマーライブ(アニサマ)」を開催。プロデューサーの太田豊紀氏(現在はドワンゴ傘下のメージス社長)はランティスの井上氏に協力を仰いだ。

アニサマ開催はアニソンを取り巻くムードががらりと変わった瞬間ではないでしょうか。第1回は国立代々木競技場の第一体育館が会場でした。まだアニソンライブがそれほど多くない時期。本当に観客が入るのか心配もしましたが、太田さんは「絶対に代々木で成功させる」と。近年のアニサマでは考えられないことですが、当時は出演者も集まらなくて困りました。 それでも、蓋を開けてみれば観客席は9割くらい埋まりました。代々木競技場でのコンサートなんて経験がありませんから、ステージ上で出演者がみんな感動して泣いていました。自分たちが歌い続けてきたアニソンにこんなにも大勢のファンがいるのかって。やってきたことが間違っていなかったとわかったのです。私やスタッフも泣いていました。 アニサマの成功に勇気づけられたのはファンも同じだったでしょう。当時はペンライトがはやりだしたころでした。8000~9000人が一斉にペンライトを振る姿を見て、観客も「アニソン好きってこんなにたくさんいるんだ」と自信を持ったと思うんです。 驚いたのは、すべての楽曲をみんなで応援するアニソンファンの一体感です。JPOPの音楽フェスでは、目当てのアーティストが歌い終わるとお客さんが入れ替わる。それはそれで悪くありませんが、アニソンの場合は最初から最後までみんなで応援してくれます。これはアニソン独特で、世界共通の文化です。「アニソンのジャンルはもっと広がっていくのかもしれない」。第1回のアニサマで5時間ぶっ続けで応援してくれるファンを目の当たりにして、そう感じました。

グループアイドルの隆盛もアニソンに恩恵をもたらしたという。

05年は「AKB48」が活動を始めています。AKB48の楽曲は作詞こそ秋元康さんですが、作曲は曲によってそれぞれ異なるクリエーターが手掛けています。「モーニング娘。」は、作詞も作曲もつんくさんが手がけていました。AKB48の登場はクリエーターに新しい活躍の場を提供したのです。 AKB48でグループやメンバーの特徴を理解して、作曲に生かす経験をした作家がアニソン業界でも活躍してくれました。実はアイドル業界とアニソン業界はクリエーターで密接にリンクしているのです。職業作家が大活躍しているという面で、レイジーの現役時代と雰囲気が似ています。 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」――。この後、アニソンに引き寄せられた若くて才能あるクリエーターたちが多くのヒットアニメの音楽を生み出していくことになります。 [日経産業新聞 2018年8月10日付]

【関連記事】