Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

発達障害の息子と二人三脚で見つけた“怒らない”子育て法

配信

webマガジン mi-mollet

 漫画家かなしろにゃんこ。さんの最新刊『発達障害 僕にはイラつく理由(ワケ)がある!』は、発達障害のある子がやってしまいがちな「問題行動」の数々と、その改善策を提案する異色コミック。発達障害がある息子・リュウ太くんが引き起こすさまざまなトラブルが取り上げられているのですが、そのひとつが食事どきの「粗相」。リュウ太くんは小学校4年生になっても、汁物を3日に1回はひっくり返す子だったそうです。 【画像】発達障害の子、怒らない以外の子育て法 ところがかなしろさんは途中から叱るのをやめて、リュウ太くん自身に後始末をさせるだけに。また、大人になったリュウ太くんに当時の率直な気持ちを取材したところ、改めて「発達障害のある子にガミガミ言っても、決して心に届かない!」とわかったのだそうです。 どうやったら粗相を減らせるか、そして行動を変えられるのかと、話し合った末に見つけた解決策とは。そして発達障害がある子どもの、問題行動を起こした時の“心の中”とは?  

       「なぜ粗相をしてしまうのか」「なぜ言ったことが伝わっていないのか」を理解することで、遠回りでも互いにストレスの少ない方法に辿りつけたにゃんこ。さん親子。 かなしろ にゃんこ。 千葉県生まれ、漫画家。1996年に「なかよし」でデビュー。おもな作品に『漫画家ママの うちの子はADHD』『うちの子はADHD 反抗期で超たいへん!』(ともに田中康雄監修)『発達障害 うちの子、人づきあい だいじょーぶ!?』(以上、講談社)、『発達障害でもピアノが弾けますか?』(中嶋恵美子原作、ヤマハミュージックメディア)などがある。発達が気になる子どもの親向けポータルサイト「LITALICO発達ナビ」でコラムを好評連載中。 前川あさ美(まえかわ・あさみ) 東京女子大学教授(現代教養学部心理・コミュニケーション学科心理学専攻)、公認心理師、臨床心理士。東京大学教育学部を卒業後、同大学大学院に進学。途中、米国アイオワ大学大学院に留学し、帰国後、東京大学大学院教育学研究科教育心理学専攻博士後期課程単位取得退学。大学の心理臨床センターや都内のカウンセリングセンターで臨床にも携わる。『「心の声」を聴いてみよう! 発達障害の子どもと親の心が軽くなる本』(講談社)など著書多数。

【関連記事】