Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

女優・三吉彩花、映画監督に興味津々!「自分が書いたストーリーを今の俳優さん、女優さんで勝手に配役を決めたり…」

配信

TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそり営業していたBAR「SPEAKEASY」。2020年の東京の街にも、そんなひそかなBARがありました。月曜から木曜の深夜1時にオープンする“ラジオの中のBAR“「TOKYO SPEAKEASY」。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 TOKYO FMの番組「TOKYO SPEAKEASY」7月6日(月)のお客様は、モデルで女優の三吉彩花さんと俳優の松岡広大さん。同じ事務所の先輩・後輩の間柄である2人が語る「役者論」「人生観」とは……!?

◆自分の引き出しは整理整頓しておきたい(三吉)

三吉:よくインタビューとかでも「将来どういう女優さんになりたいですか?」とか「将来どういう役をやりたいですか?」って聞かれるんだけど、私はあまり将来のことを明確に考えていなくて。 逆に今生まれるポジティブなこととか、もちろんネガティブなこともいろいろと経験して、蓄積されていって同時に人生を設計しながらやっているから。 松岡:先に形を作らない、描かないのね。 三吉:別に女優業とかモデル業をやめたいというわけではないんだけど、先のことはわからないから、「わかんない」という考え方なんだよね。 松岡:それは同意だな。「今が大事」っていうけど、今の感覚とその本能的なものが大事だと思っているから。それで、やっていけば続いていくと思うじゃん。 三吉:そう。でも、いろいろあったときのための引き出しはちょこちょこ、整理整頓しておこうかなと思ったりはするよ。

◆三吉彩花、監督に興味を持ち始める…!?

三吉:例えばもっとクリエイティブなことをやれる環境があったらどうしたいかな、っていうときのために文章を書いておくとか、自分が書いたストーリーを今活躍している俳優さん、女優さんや新人さんをみて、勝手に配役を決めてみたりとか。 松岡:それはキャスティングみたいなこと? プロデューサーでもあるの? 三吉:まぁ……監督とか面白そうと思ってさ、最近。 松岡:おお! 三吉監督……仕事ください! ちょっといいですね、キャストじゃなくてもいいです。あの、撮影応援とかでもいいです。 三吉:通行人Aとかでも? 松岡:それは……ちょっと違いますね。 三吉:ギャラはほしいってこと(笑)? 松岡:まあ、飲みに連れて行ってもらえるんだったら! (撮影用カメラの)レールとかちゃんと立てるんで(笑)。 (TOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」7月6日(月)放送より)

【関連記事】