Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バリ島でコロナ危機と戦うレストランシェフ──低所得者を守る60兆円の海外送金に高い手数料は必要か

配信

CoinDesk Japan

バリ島の人気レストラン「バグース・シェフ(Warung Chef Bagus)」が店のドアを閉めた時、キッチンに残されたのはバーベキューリブの香りだけだった。 世界的な渡航制限で島から観光客の姿が消えると、シェフとキッチンスタッフたちは冷凍庫を空にして、棚を整理、食材を調理した。作り上げた150食分は、困窮した人たちに食事を提供する地元の慈善団体に寄付された。 バグース・シェフの30人のスタッフは2月下旬から、バリの自宅で仕事に復帰できる日を待ち続けている。

観光に依存するバリ島の深刻さ

バリ島のGDPの7割以上は観光業が占める。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大は、島民の生活を一変させた。それでも、シェフは観光地・クタの貧しい家庭に卵や麺、米を届け続けた。 「カルマ(業、宿命)だと思ってます。この状況の中で、他者を助けることは、私たちにとっても良いことだ 」とシェフは話す。 私がシェフを知ったのは、私の母が送ったメールがきっかけだ。ある日、母はバリ島のシェフに10ドルを安全に送金するにはどうすれば良いのかと、メールで尋ねてきた。 安全か? たぶん安全だろう。安く済むだろうか? 残念ながら、安くはない。 母は国境を超える小額送金を習慣的に行うような人ではなかった。オーストラリアからインドネシアに10ドルを送金するために、銀行に手数料として10ドルを支払う必要があると伝えた時、母は椅子から転げ落ちそうになった。 これは海外に小額送金をしたい人なら誰もが直面する問題だ。法外な手数料がかかる。国境を超えた支払いシステムは非常に複雑で、お金は多くの仲介者を経て、それぞれの仲介者が手数料をとり、ようやく目的の送金先に到着する。

豪史上最大のマネーロンダリング事件

また、送金されるお金が違法行為に関連していないことを確認するために必要なデュー・デリジェンスにもお金がかかり、さらに違法行為を見落としたり、対処に失敗すると深刻な結果をもたらす。 2019年、オーストラリアの規制当局は、児童搾取の疑いのあるフィリピンの人物に同国のウエストパック(Westpac)銀行の小額送金システム「ライトペイ(LitePay)」を通じて繰り返し送金が行われていたことを突き止めた。 これは同国史上最大規模のマネーロンダリング(資金洗浄)事件となり、同行のブライアン・ハーツァー(Brian Hartzer)CEOは責任を問われて辞任した。 私はこうしたことを母にビデオ通話で説明した。母は恐怖と混乱に陥っていた。母はバーベキューリブのレシピを手に入れ、バーチャルクッキング教室を予約するために10ドルを送金したいだけ。なのに私はなぜ、悪夢のようなニュースを彼女に伝えたのだろう?

【関連記事】