Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【今週の日本の卓球】ITTFドリームチームに伊藤美誠選出

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

20日、ITTFは21世紀の女子ドリームチーム5選手を発表し、日本からは伊藤美誠(スターツ)が2位に選出された。今回の企画はSNSで募ったコメントの得票率によって順位が決定されている。また、22日には同様に21世紀の男子ドリームチーム5選手が発表された。さらに、今週もTリーグ契約更新が続々と行われた。 【画像】ドリームチーム1位の馬龍

21世紀ドリームチーム

<男子チーム> 1位には馬龍(マロン・中国)が選出された。馬龍は世界選手権、五輪でのタイトルはもちろん、ワールドツアーシングルスでは、28個のタイトルを獲得している。15.4%というトップにふさわしい得票率であった。 2位はヤン=オベ・ワルドナー(スウェーデン)であった。彼は五輪で金メダルを獲得した唯一のヨーロッパ人であり、世界で5人しかいないグランドスラムを達成したうちの1人という選手である。 3位にはドイツの皇帝・ティモ・ボルがランクインした。ドイツの選手で初めて、世界ランキング1位に輝き(2003年)、現在も第一線で活躍している。ワールドカップでは2度優勝を果たしている。 4位は許昕(シュシン・中国)であった。左利きのペンドラである許昕は、ワールドツアー18度の優勝というシングルスでの結果だけにとどまらず、男子ダブルス、混合ダブルスでもその実力を遺憾なく発揮している選手である。 5位には張継科(チャンジーカ・中国)が選出された。張継科は445日という史上最速でグランドスラムを達成した選手である。さらに五輪、世界選手権、ワールドカップを同時に制覇するという偉業を成し遂げている。 <女子チーム> 1位は15.5%の得票率を獲得した中国の丁寧(ディンニン)。リオ五輪の金メダリストであり、団体戦では中国を世界選手権4度優勝、ワールドカップ6度優勝に導いている。ドリームチームのリーダーにふさわしい結果の持ち主である。 2位には我らが日本の伊藤美誠がランクインした。今月の世界ランキング発表で現行の制度に変わってから、日本勢最高の2位に浮上した。リオ五輪では、史上最年少の15歳でメダリストとなり、すでに8度のワールドツアー優勝を果たしている。 劉詩雯(リュウスーウェン・中国)が伊藤と0.2ポイント差で3位につけた。2019年世界選手権で金メダルを獲得し、5度目のワールドカップ優勝を収めた。 4位には中国の張怡寧が、現役選手ばかりのトップ5の中に名を連ねた。彼女は世界選手権で10度の栄冠を手にし、2003年から2009年までの間、わずか2ヶ月を除いて世界ランキング1位に君臨し続けた、まさにレジェンドである。 5位にランクインしたのは、現在世界ランキング1位の陳夢(チェンムン・中国)。ワールドツアーでは、15度優勝を果たし、グランドファイナルでは3連覇を成し遂げている。 また7位には日本の福原愛さんがランクインしている。

【関連記事】

最終更新:
Rallys