Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あれ? GT-Rって4人乗りじゃなかったっけ!? 意外な2シーター車5選

配信

くるまのニュース

さまざまな理由で2シーターになったクルマを振り返る

 乗車定員はクルマによってさまざまですが、一般的にはスーパーカーは2人乗り、ミニバンは7人から8人乗り、それ意外の乗用車は4人乗りか5人乗りです。 【画像】リアシートにエンジン搭載!? ユニークすぎる2シーター車を見る(20枚)

 ところが、一見すると4人から5人乗れそうなのに、あえて2人乗りとなっているモデルも存在。そこで、意外な2シーター車を5車種ピックアップして紹介します。

●三菱「ミラージュXYVYX」

 1970年代初頭から、各メーカーともFFのコンパクトカーを続々と登場。この流れに乗るべく三菱から1978年に発売されたのが初代「ミラージュ」でした。  ミラージュは三菱初のFF乗用車で、新世代のコンパクトカーとしてデビューします。  1987年に登場した3代目ミラージュは、当時人気のあったミドルクラスセダンの「ギャラン」をイメージさせるフロントフェイスが特徴のモデルで、3ドアハッチバックと4ドアセダンをラインナップ。  この3代目ミラージュのハッチバックには「SWIFT(スイフト)」「CYBORG(サイボーグ)」「FABIO(ファビオ)」「XYVYX(ザイビクス)」と、コンセプトが異なる4タイプが設定されました。  なかでもザイビクスはユニークなモデルで、リアサイドウインドウが鉄板で塞がれて暗窓化されており、まるで商用車のパネルバンのような2シーター車でした。  三菱はザイビクスを「無限の可能性を秘めた新遊び提案車」と表現し、オプション設定された装備もユニークで、後部の荷室をリビングのような空間としてテレビが見られるキットなどがありました。  しかし、このコンセプトは一般には理解されず、ザイビクスはデビューからわずか1年で生産を終了。景気が上向きだった背景から誕生した、希代の珍車です。  なお、イギリスではこうしたモデルは商用車の扱いで税金が優遇されており、各社ラインナップしていました。

●ダイハツ「リーザスパイダー」

 1986年にデビューしたダイハツ「リーザ」は、室内空間よりデザインを優先した軽自動車のスペシャリティカーとして開発されたモデルです。  外観は全高を低くしたスタイリッシュなクーペスタイルの3ドアハッチバックで、若い女性ユーザーをターゲットとしていました。  そして、バブル景気末期の1991年に、派生車として「リーザスパイダー」を追加ラインナップ。軽自動車規格の変更により660ccとなったリーザをベースに、ルーフ部分を大胆にカットし、ソフトトップを装着したオープンカーです。  荷室部分はソフトトップの収納に使われたため、リアシートだった場所は荷室として使うことで2シーター化されました。  そもそもリーザはオープンカーを想定して設計されておらず、オープン化にともなってボディ剛性の確保のためシャシ各部に補強部材を追加した結果、車重は730kgとベースモデルに対して90kgも増加。  その対策から、エンジンは64馬力を発揮するパワフルな直列3気筒ターボのみを搭載しています。  当時の新車価格は145万3000円(5速MT、消費税含まず)とベースモデルより約40万円も高かったこともあり、販売面はまったく振るわず、現存数の少なさから非常にレアなモデルです。  リーザスパイダーも、まさに好景気の申し子ではないでしょうか。

【関連記事】