Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

大石大二郎、土井正博、中村紀洋…近鉄の通算安打数トップ10は?/プロ野球回顧録

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 1950年から2004年まで存在した近鉄の通算安打数トップ10は以下になる。 1位・小玉明利 1877安打 2位・大石大二郎 1824安打 3位・土井正博 1714安打 4位・小川亨 1634安打 5位・羽田耕一 1504安打 6位・栗橋茂 1301安打 7位・中村紀洋 1294安打 8位・鈴木貴久 1226安打 9位・大村直之 1216安打 10位・T.ローズ 1187安打  1位は小玉明利だった。偉大なレジェンドに対して失礼だが、若い世代の読者にとっては「誰?」というのが正直なところではないか。しかし、近鉄の黎明期を支えた大功労者である。神崎工高から1953年に入団すると2年目の54年から13年連続100安打した右打ちの三塁手。打率3割は4年連続を含む6回で、弱小時代の近鉄において数少ない、生え抜きのスター選手だった。

 67年には兼任監督に就任したが、前年までの3年連続最下位を止められず、またしても最下位に終わると退団(後任は三原脩監督)。「生涯一内野手」として現役最後の2年間を阪神で過ごし、通算安打は1963。1978安打の飯田徳治(元南海ほか)、1977安打の毒島章一(元東映)に次ぎ、2000安打未満では歴代3位。引退時に名球会があったら、もう少し頑張っていたのかもしれない。  2位の大石大二郎は81年から97年まで実働17年。福本豊(阪急)の13年連続タイトルを83年に阻止したのを皮切りに、同タイトル4回の俊足スター。そのほとんどを一番打者として過ごし、安打数を稼いだ。長打力もあり、84年には29本塁打、90年にも20本塁打をマークした。  3位の土井正博は、本塁打ランキングでも2位だった長距離砲。プロ入り当時は「18歳の四番打者」と話題になり、近鉄では31歳のシーズンである74年までプレーして1714安打を残した。太平洋クラブ(のちクラウン・西武)に移籍してからも安打を量産し、通算安打は2452。近鉄だけで2000安打以上をマークした打者はいなかったが、キャリアの半分以上を近鉄で過ごして2000安打を突破したのは土井と7位の中村紀洋(近鉄の後は米国を経由してオリックス、中日、楽天、DeNA)しかいない。

【関連記事】