Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「はたらく細胞」が帰ってくる!花澤香菜&前野智昭が第2期&特別上映版決定で記念トーク「とにかく乳酸菌がかわいい」「菌のみなさんもパワーアップ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

前野  一般細胞Cでキャスティングされていた石田彰さんが、がん細胞だったというトリックがすごく衝撃を受けましたし、がん細胞って知らないうちにそうなってしまっている。すごく怖い出来事だなと。石田さんのがん細胞のインパクトがかなり強かったので、僕はもうそれをきっかけに、自分の体の中にがん細胞がないか、直後に調べに行きましたし、そのぐらい大きなインパクトをがん細胞は残してくれた。なので、僕はがん細胞とのくだりがすごく印象に残っています。特別上映版でも戦うことがあるので、すごく楽しみにしています。みなさんも積極的にがん検診をしていただきたいなと。知らず知らずのうちにコピーをミスってそうなってしまう、非常に恐ろしい病気ですね。 -菌もちょっとかわいらしいところがあります。 花澤  私はやっぱりスギ花粉ちゃんが好きですね。ハロウィンおばけみたいな(笑)あれ、すっごく音声加工されているけど、興津和幸さんがやられていて、それを見ていてすごくワクワクしました。花粉は憎んでたんですけど、あの姿だったらギリギリかわいいかなと…(笑)あれだと思えば、みたいなところはありましたね。 前野  1話に出てきた肺炎球菌は、あのフォルムがすごく毒々しくて、やっぱり菌ってこういう怖いフォルムなのかと思ったら、黄色ブドウ球菌とかはちょっとおしゃれな感じだったり、本当にいろんな菌がいますね。最終的には倒さないといけないんですが、どこかしらで憎めない一面があるのが、親近感を覚えられるところ。それぞれの菌もすごく良い存在感を残してくれていると思います。 -最後にファンに見どころとメッセージをお願いします。 花澤  血小板たちが活躍するショートアニメがついてます。血小板ちゃんファンは必見だと思います。あとは、ビジュアルポスターを見るとわかるんですが、壮大な戦いになっていて、最後の方は重たくなったりもするんですけど、乳酸菌とか新たなかわいいキャラクターも出てくるし、相変わらず赤血球、白血球、おなじみのキャラたちが活躍していくので、安心して楽しみに見ていただければと思います。 前野  体の中の細胞たちの働きで、新たに勉強できるポイントもたくさんありますし、乳酸菌のかわいらしさに癒やされたり、がん細胞とのバトルでハラハラしたりと、いろんな楽しみ方ができる作品かなと。どなたでも楽しめるので、ぜひ劇場で楽しんでいただければと思います。 (C)清水茜/講談社・アニプレックス・davidproduction

【関連記事】