Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「はたらく細胞」が帰ってくる!花澤香菜&前野智昭が第2期&特別上映版決定で記念トーク「とにかく乳酸菌がかわいい」「菌のみなさんもパワーアップ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

-最近では健康に気を遣うニュースも増えていますが、その点についてはいかがですか。 花澤  いろんな個性豊かな細菌たちが襲ってくるので、とにかく除菌だなと思いました。ニュースを見てても、手を洗うことってすごく大事なんだなと。ここからなんだなとすごく思いました。私は前からものもらいになりやすくて、調べたら黄色ブドウ球菌が原因だとわかって、中原麻衣さんのキャラだと(笑)。絶対、理科で黄色ブドウ球菌って、覚えようと思って覚えるものだと思うんですが、キャラクターとともに覚えられちゃうのが「はたらく細胞」の魅力かなと。結構を身近に感じられるので。たとえば花粉症の回とか、私はすごく花粉症で悩まされていましたけど、ああいう仕組みなんだとか、くしゃみとかすごい自然現象みたいに思ってましたけど、体の中ではあんなに大騒ぎになっていたのかと(笑) 前野  香菜ちゃんが赤血球を演じているところをずっと見ているので、自分が鼻血でも出そうものなら「ああ…香菜ちゃんがー」みたいな気持ちにもなります(笑)。1期の時も言ったんですが、無駄な血は流せないなと思いましたね。僕も過去にアニサキスに苦しめられたことがありまして。あの時は、僕の中でM・A・Oちゃんが、好酸球として必死に倒そうと頑張ってくれたのかなと親近感も覚えました。僕の体の中は白血球がやや少ないようなので、じゃあどうやって免疫を高めればいいのか、じゃあいっぱい寝るようにしようとか、そういう意識にもつながりました。ちょっとしたことで、身近に感じられることが増えましたね。 -お気に入りシーンをあげてください。 花澤  うちら細胞たちとか、細菌たちとか、すごく印象に残っているんですが、注射針が出てきて、ステロイドを注入されたりとか、それこそアニサキスが出てきたりとか、地球外生命体が現れたみたいな感じの演出がすごくおもしろくて、異質のものが出てきた時に、「おっ!」と印象に残ったりしましたね。赤血球のところでいうと、後輩ちゃんが出てきて、出血性ショックの時に今まで先輩にしっかりしろと言われていたあの赤血球が、たくましい背中を見せるのがすごく印象的でしたね。今までも前向きになんとか頑張ってきた赤血球ちゃんだったので、そういう素質があったのかなと。この世界を終わらせないために戦っている、客観的に見たらどれだけちっちゃいんだと思いますけど、赤血球目線で見るとすごく、演じてきてよかったなと思うシーンでした。

【関連記事】