Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「はたらく細胞」が帰ってくる!花澤香菜&前野智昭が第2期&特別上映版決定で記念トーク「とにかく乳酸菌がかわいい」「菌のみなさんもパワーアップ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 楽しく笑えてしかも学べる“体内細胞擬人化アニメ”が帰ってくる。2018年7月から放送された人気アニメ「はたらく細胞」が、2021年1月の第2期を前に一部のエピソードが、今年9月に「特別上映版」として劇場公開されることになった。ドジっ子でも明るい性格でとにかく頑張る赤血球、普段は冷静ながら異物を発見すると容赦なく斬りつける白血球。その他、体内で働く細胞たちが、コミカルに描かれつつも、タメになる作品だとファンに好評。多数のコラボ企画も実現した。特別上映版では、第1期で激しいバトルを繰り広げた、あの細胞との再戦も…。赤血球役・花澤香菜と、白血球(好中球)役・前野智昭の2人に、第1期を終えてからの反響や当時の思い、第2期・特別上映版への意気込みなどを聞いた。

-第2期の制作が発表された感想と、第1期の振り返りをお願いします。 花澤香菜(以下、花澤)  原作は続いていてアニメ化されていないところがあったので、それができるのがうれしかったですし、何よりまた赤血球を演じられるのがとてもうれしいと思いました。 前野智昭(以下、前野)  1期がすごくご好評いただいていて、いろんなところから「細胞、見てるよ」という話もいただいていました。僕らもすごく好きな作品で、1期の時から、これはぜひ2期、3期と続けていきたいねという話をしていたので、2期の話が具体的に決まったと聞いた時はとてもうれしかったです。それに1期のアフレコが終わってからも、いろいろなコラボなどで、白血球を演じる機会を頂けていたので、それほど途切れることなく2期に挑めたかなと思いますし、また「はたらく細胞」のチームで仕事ができるのは、すごくうれしく思います。 -1期を終えて後の反響はいかがだったでしょうか。 花澤  友達からUSJのハロウィンの画像が送られてきて、血小板ちゃんがめちゃくちゃいっぱいいたんです(笑)身近なところから、「はたらく細胞」を好きだと表現してくださっている人がたくさんいるのを感じられて、うれしいです。コラボがめちゃくちゃ多かったので、途切れることなく赤血球ちゃんを演じられました。前野さんとのタッグも、もう10年以上になるので。結構長いレギュラーとかもやらせていただいたんですが、2期でまたタッグを組むのもうれしいなと思います。 前野  一つ一つ印象深いんですが、ダミーヘッドマイクを使って演じさせていただいたことがあって。白血球がおでこをくっつけて「熱が少しあるな」という本編では出てこないシーンがあったんです(笑)。シチュエーションCDなどではダミーヘッドマイクを使ったことがありますが、こういう作品で使うことはそんなに多くないのでとても印象に残っています。録らせていただいたものもご好評いただいていて、すごくうれしかったですね。

【関連記事】