Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コツは“のぞき見”!? スライスだらけのフェアウェイウッドを美女ゴルファーが救う!

配信

みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ大好きなお笑い芸人、イワイガワ・岩井ジョニ男は、フェアウェイウッドが大の苦手。チョロやスライスが多発してしまうという。そんなジョニ男のスウィングを、USLPGAティーチング会員の資格を持つ美女プロ・小澤美奈瀬がさくっと改善。さらに飛距離を伸ばすためのドリルまで伝授!

フェアウェイウッドでスライス多発、原因は構えにあった

ジョニ男:私がずっと悩んでいることなんですけど、フェアウェイウッド(以下FW)が安定しないんです。スプーンは難しいのでドライバーの次は5番ウッドなんですけど、この5Wの安定感が悪くて、良い当たりが出るのが10球中1球という感じなんです。 小澤:なるほど、どんなミスが出るんですか? ジョニ男:スライスで右に行くことが多いですね。あとチョロって30ヤードしか飛ばないとか、ダフったりとか。ちゃんと当たると、イメージ的には180ヤードくらいと思っているんですけれどね。でも180ヤードのショートホールのティショットで使って、乗ったことないんですよね。 小澤:長いショートホールでしっかり乗せられるとカッコイイんですよね~。ではまずレッスン前に、今までのジョニ男さんのFWのスウィングを見せてください。 ジョニ男:はい、打ちますね――あぁ、右に出て150ヤード。これです、よく出るのは。低く右に出るスライス。 小澤:さっそくですが改善点を見つけましたよ。まずは構えを直していきましょう。

ジョニ男:お願いします! 小澤:といってもスタンスをもう少し狭くして、背骨を少し右に傾ける。これだけです。 ジョニ男:え、こんな斜めにして打つんですか。グリップの位置とかは同じで良いんですか。 小澤:大丈夫です。これで打ってみてください。 ジョニ男:分かりました!

やす:――お、真っすぐ行ってる。あ、距離も出た。174ヤード、凄い! え、打ちやすいの? ジョニ男:う~ん、違和感はありますよね。今まではボールを上から見ていたのが、ボールの横顔が丸見えみたいな。でも何と言うか、ボールを見る目線がフェースの角度と合っているような感じはします。でも、スタンスを狭めて上半身(背骨)を少しだけ斜めに構えただけで、何であんなにいい球がでるんですか。 小澤:ジョニ男さんはグリップをフック目に握っていますよね。フックグリップの人が直立して構えるとカットに入りやすい傾向があるんです。

【関連記事】