Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バーディ合戦で開幕 ドミニカ大会は“格上げ”で「マスターズ」切符も

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

◇米国男子◇コラレスプンタカナリゾート&クラブ選手権 初日(24日)◇コラレスGC(ドミニカ共和国)◇7666yd(パー72) 【画像】ウッズ参加の豪華チャリティマッチ 2020-21年シーズン3戦目はセップ・ストラカ(オーストリア)、スコット・ハリントン、ハドソン・スワッフォード、タイラー・マクンバーが7アンダーの首位で並んで滑り出した。 張新軍(中国)とジョセフ・ブラムレットが1打差で続き、2打差の5アンダー7位タイにジャスティン・サーら10人がひしめく混戦。 昨年大会優勝のグレーム・マクドウェル(北アイルランド)、出場選手中トップの世界ランキング43位につけるヘンリック・ステンソン(スウェーデン)は同組で回り、そろって2アンダー46位につけた。 大会は昨季になる今年3月「WGCデルテクノロジーズ マッチプレー」と同週に開催されるはずだったが、コロナ禍で延期されて新シーズンの日程に組み込まれた。今季に限って1シーズン2度の開催を予定しており、今週の優勝者にはフェデックスカップ500ポイント(来年3月開催は優勝300ポイント)と2021年4月の「マスターズ」の出場権が与えられる。

【関連記事】