Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『監察医 朝顔』にSixTONES森本、山口智子らが続投 秋・冬の2期連続放送

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

 女優の上野樹里が主演するフジテレビ系“月9”ドラマ『監察医 朝顔』の追加キャストが決定。2019年夏放送の第1シーズンから引き続き、志田未来、中尾明慶、森本慎太郎(SixTONES)、藤原季節、斉藤陽一郎、坂ノ上茜、田川隼嗣、宮本茉由、戸次重幸、平岩紙、杉本哲太、板尾創路、そして山口智子らが参加。また当初、月9史上初となる夏・秋の2クール連続放送が予定されていたが、新型コロナウイルスの影響により秋・冬の年またぎ放送となる。劇中では東日本大震災についても触れ、くしくも放送時期が震災から10年の節目に重なることとなった。 【動画】『監察医朝顔』がスペシャル動画を公開  今作では第1シーズンと同様に各話において、主人公で法医学者の万木朝顔(上野)と、父でベテラン刑事の万木平(時任三郎)たちが、かたや解剖、かたや捜査により、さまざまな事件と遺体に相対していく。同時に前作よりも深く、東日本大震災と母の死に朝顔が向き合う。父娘と、その周囲の人々のかけがえのない日々を2クールにわたって、四季の移ろいとともに丁寧に描いていく。なお、新型コロナウイルスの影響で中断をしていた撮影は、6月下旬に再開している。  第2シーズンでは変わることなく、興雲大学法医学教室で法医学者として働く朝顔。父の平も変わらず、神奈川県の野毛山署強行犯係で刑事として働き、時間があれば東北に向かい妻の遺体を探していた。朝顔の夫の桑原(風間俊介)は神奈川県警捜査一課で多忙な日々を送り、娘のつぐみ(加藤柚凪)は最近になって「弟が欲しい」と朝顔たちにこぼしている。朝顔たちの日常は、これからもずっと同じように続いていくと思われたなか、とあることがきっかけで朝顔は、平の代わりに母の遺体を探すため一人で東北の地を訪れることになり、新たな物語が幕を開ける。  朝顔が務める興雲大学・法医学教室の仲間たちとして、志田は法医学者・安岡光子、中尾は検査技師・高橋涼介、田川はアルバイトの熊田祥太、平岩は法歯学者・藤堂絵美、板尾は法医学者・藤堂雅史、山口は主任教授・夏目茶子をそれぞれ演じる。また、平の務める野毛山署の面々には刑事・森本琢磨役に森本、鑑識・沖田宗徳役に藤原、刑事・岡島浩司役に斉藤、刑事・愛川江梨花役に坂ノ上、鑑識・渡辺英子役に宮本、刑事・係長の山倉伸彦役には戸次、検視官・丸屋大作役には杉本が引き続き、起用されている。 ■キャスト・スタッフコメント <上野樹里> ――撮影の再開とともに放送期間が変更になりましたが、改めて意気込みを教えてください。 ドラマをご覧になられる皆さんと一緒に年末年始を迎えられる事をうれしく思います。共演者、スタッフみんなですてきなドラマになるよう精いっぱい作品づくりに励み、無事最後まで皆さんの元へお届け出来る事を願っています。 <志田未来> ――再び、さらに長丁場となる中、光子を演じていく上での意気込みを教えてください。 最初は医学部生のアルバイトだった光子も、すっかり先生になりました。法医学教室の皆さんと再会できたことがとてもうれしいです! 半年間、体調に気をつけて撮影頑張ります。

【関連記事】