Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドルトムント、17歳の逸材MFベリンガムを確保へ! バーミンガムは歴代最高額の売却に

配信

超WORLDサッカー!

ドルトムントがバーミンガムのU-17イングランド代表MFジュード・ベリンガム(17)の獲得を決定的なモノとしたようだ。ドイツ『transfermarkt』が伝えている。 【動画】イングランドが誇る新たな“ワンダー・キッド”、ジェイドン・サンチョ/ドルトムント 今夏の移籍市場においてマンチェスター・ユナイテッドとドルトムントによる争奪戦が繰り広げられていたベリンガム。しかし、先月には父親であるマーク氏が、息子にイングランド代表MFジェイドン・サンチョと同じ道を歩ませることを望んでいたこともあり、ドルトムント移籍に向け個人間合意が伝えられていた。 さらに、ドイツ『ビルト』が伝えるところによれば、ドルトムントはベリンガム本人に続き、バーミンガムとのクラブ間での合意も取り付けた模様。移籍金はバーミンガム史上最高の売却額となる2300万ユーロ(約27億8000万円)となり、先月末に17歳の誕生日を迎えたばかりの逸材MFは近日中にも5年契約にサインする見込みだ。 バーミンガムの下部組織育ちのベリンガムは、昨年8月に行われたEFLカップ1回戦のポーツマス戦でトップチームデビューを飾った。 まだまだ身体はできあがっていないが、180cmの恵まれた体躯を武器に、フィジカル重視のチャンピオンシップ(イングランド2部)で32試合4ゴール3アシストの数字を残すなど、17歳とは思えない鮮烈なデビューシーズンを送っている。 本職のセントラルMFを主戦場に両サイドでもプレー可能なU-17イングランド代表MFは、トッテナムのイングランド代表MFデレ・アリを彷彿とさせるトリッキーな仕掛けや推進力を特長としており、すでにイングランド国内で将来を嘱望される若手の一人だ。

超WORLDサッカー!

【関連記事】