Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

PCR検査増やせ大合唱の謎

配信

Japan In-depth

【まとめ】

・相変わらずテレビでは「PCR検査増やせ」報道が多い。 ・「国民全員にPCR検査を」と主張する専門家もワイドショーに出演。 ・100万人当り感染者率と死亡率が断トツに低い日本は成功例ではないのか。

前記事で「PCR検査増やせ派」がメディアを中心に勢力を増し続けている現状を指摘した。 その後、自分が現役時代に関わっていたBSフジLIVE「プライムニュース」に本庶佑京都大学大学院特別教授がゲストとして出演した回(2020年4月22日放送)で「PCR検査を増やせ」との趣旨の発言をしたとことを同番組の記事で知って驚いた。 タイトルは、「PCR検査の数断然足りない」…ノーベル賞本庶佑教授が語るコロナ対策「検査は大学研究室でもできる」だ。 本庶氏の主張は明確で、医療現場の感染拡大を防がねばならない、ということだ。その上で、 「私が一番心配していること。戦争でいうと一つの小隊がころっとやられる状況。こういうことが起こらないためにPCR検査を増やし、医者に来る前に陽性かどうかがわかるようにすれば、医師もきちんとした対応ができる。病院の庭で検査するとか、もっと数を増やしていかなければいけない。」 とし、現在日本で行われているPCR検査の数について、 「断然足りない。一桁増やしていい。これは技術的問題ではないと私は思う。保健所でなく、現場医師が受けるべきだと判断すれば検査を受ける仕組みがいい。」 と述べている。 また、PCR検査の技術者数の不足については、 「実際、この検査は大学研究室でもできる。試算したが、技術者3人の組で1日に100検体はこなせる。1万の検査のためには技術者300人。9時から17時勤務で、と考えると全く問題はないし、僕は制度の問題だろうと思っています。」 と述べた。 本庶氏はさらに、「PCR検査を増やすことに反対している方々がある。「検査で陰性だった人に感染していないというお墨付きを与え、いわゆる偽陰性を増やすのは有害である」というご意見。「ないことは証明できない」というのは科学の基本的な考え方で、PCR検査でも「ない」ということには何の意味もない。そこを誤解されている。PCR検査は陽性の場合だけを追いかけるもの。」としている。 その後キャスターが発した「検査することによって陽性の人や過去の感染履歴がある人を正確に把握すれば致死率が下がる、という理解でよいですか。」という問いがよくわからない。 致死率=死亡症例数/感染症例数だが、確かに分子(死亡症例数)が変わらなければ、分母(感染症例数)が増えれば増えるほど致死率は小さくなる。しかし、死亡者数は時系列的に増えていくので、この問いは意味が無い。そもそもPCR検査の精度は70%以下と言われており、正確に陽性の人の数を把握出来ないという問題がある。現時点の致死率をもっ議論しても意味は無い。 一方、この問いに対し、本庶氏は「そのとおり。ただこれから重症者が増える可能性はあります。10%が感染しているようなら致死率は低くなる。すると感染しようがしまいが気にせず、重症者の治療へフォーカスをあてるという戦略に切り替える必要がある。」と述べている。 「市中感染率」については前回の記事に書いたが、現時点で正確な数字はない。約6%という数字が一人歩きしているが、根拠があるわけでもない。今現在、10%感染しているなら確かに致死率は下がるかも知れないが、日本はもともと重症者の治療にフォーカスしているわけだから、「戦略を切り替える」必要はないことになる。 PCR検査に医療リソースをより多く割くと、何故重症者治療が手厚くなるのか、説明してもらいたい。しかし、番組では誰もそれを指摘しなかったようだ。

【関連記事】