Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ストレッチのタイミングで期待できる効果が違う!? 朝・夜におすすめのストレッチ法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

ダイエットや健康的な体づくりのために欠かせないストレッチは、いつ行うのが正解? 実は取り入れるタイミングによって、得られる効果が異なるとか。効果を最大限に引き出すために、朝と夜、それぞれおすすめのストレッチ法をボディコーディネーターの山崎麻央さんがレクチャー。 【写真】みるみるスッキリ! ペタンコおなか&くびれをつくる「やせストレッチ」

朝起きてすぐがおすすめ! 体温上昇を助ける軽度なストレッチ

寝ている間に関節は凝り固まっているので、朝起きたら軽くストレッチをして全身の血の巡りがよくすると1日を軽やかに過ごせる。起きた瞬間は体温が低く、体は固まっているのでじわじわ、ゆっくり行うのがポイント。体温の上昇を助け、自律神経や内臓の働きもサポートしてくれる「肩甲骨はがし」と「下半身ストレッチ」は、ヨガマットを敷かなくてもベッドの上で行えるので試してみて。

1.肩甲骨はがし

起きて間もないときは血流が頭まで上がらず、頭がボーッとしてしまいがち。肩甲骨を含む上半身の血流をゆっくり促すストレッチで、頭も体もお目覚めモードに。

1. 両手を肩の横に広げて、床にうつ伏せに寝る。

2. 肩と首は力を抜いて頭を床にだらんとつけたまま、片方の手で上体を持ち上げて体を天井の方に向けていく。

3. 息を吸って準備し、吐きながら天井に向けて上げた手をゆっくりとさらに後ろに引いていく。胸を開くイメージで、手の甲と甲を近づけていくように行う。 ■POINT 手の高さが肩より下がらない方が、胸の開きを感じられる。 肩と首に力が入らないように、上半身を脱力して行うこと。無理に広げず、脱力しながら徐々に胸を開くよう意識して。

2.下半身ストレッチ

寝ている間、腰回りは特に固まりがち。正しい姿勢で立つ、歩くためには骨盤を支えるお尻や太ももの可動域を広げることが大切!

1. 床に両足を交差させてヒザとヒザを重ねるように座る。(このとき痛くて深く重ねることができない場合は浅めでOK)

2. 両手を少し前について、息を吸って準備する。

3. 息を吐きながら上半身の力を抜いて、徐々に前屈する。お尻と太ももの横、腰の伸びを感じながら少しずつ両手を前にずらし、つける人はヒジをついてさらに前屈を深めていく。 ■POINT 最初に足を組んだときにお尻が浮くので、お尻のお肉をかき分けて坐骨(お尻のグリグリした骨)がしっかりと床に突き刺さるようにして座り直す。

【関連記事】