Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「鬼滅の刃」最終回に芸能界からも反響続々 人気絶頂期での完結に市川海老蔵は「凄い判断」

配信

ABEMA TIMES

 吾峠呼世晴氏による人気漫画「鬼滅の刃」が、5月18日に発売された「週刊少年ジャンプ」24号で最終回を迎えた。SNS上で“鬼滅ロス”の声があがる中、多くの著名人も同作の完結に言及している。 【画像】叶姉妹「鬼滅の刃」 宿敵・鬼舞辻無惨のコスプレ  大正時代を舞台に、主人公の竈門炭治郎をはじめとした個性豊かな“鬼殺隊”の面々と、人喰い鬼との戦いを描いた漫画「鬼滅の刃」は、2019年4月から半年間放送されたアニメが大ヒット。放送終了後にさらに人気が高まり、原作単行本1巻~20巻の累計発行部数は6000万部を突破。芸能界でもファンであることを公言するタレントが続出するなど、社会現象的なブームを巻き起こした。  空前の“鬼滅ブーム”の中で迎えた原作の最終回に、多くの著名人が反応した。歌舞伎俳優の市川海老蔵は「鬼滅の刃」と題して18日に自身のブログを更新し、「完結したのですね。凄い判断。私は好き」とコメント。大ヒット作であっても引き伸ばしをすることなく、「最初に構成したストーリーを完結して終わる感じ」が好みだと語り、「私はこういう方が芸術を感じる」とその潔い結末を称賛した。  また大の漫画好きとして知られるアイドルグループ・SKE48の鎌田菜月も、自身のブログで「今これだけの勢いがある中での最終回!」「人気絶頂期に最終回を迎える決断!本当にすごいんです!よ!何様かと言われそうだけど、本当にすごい!かっこいい!としか言いようがないんです」と熱弁。さらに「本当に完結おめでとうございます」と作者に労いの言葉を贈った。  脳科学者の茂木健一郎は、Twitterで「ジャンプで連載中だった『鬼滅の刃』が完結したということで大きな話題になっている。ぼくも読みたいなあと思いながら、時間がなかなかとれずに、こんな内容だということを断片的に聞いている。そのうちに、ぜひ一気に読んでみたいと思う」と言及。加えて「人気絶頂の連載漫画を完結させるというのは、商売的には勇気のあることだろうけれども、作品のためには良いことだと思う」と見解をつづった。  タレントで歌手の中川翔子もTwitterで「鬼滅の刃最終回なのか!」と驚き交じりにコメントしたほか、漫画の公式Twitterにもファンから感謝や祝福のリプライが殺到するなど、SNS上でも大きな話題となっている「鬼滅の刃」の最終回。Twitterのトレンドでも「鬼滅の刃」「鬼滅最終回」といった関連ワードが上位に食い込んでおり、多くの読者が同作の余韻に浸っているようだ。

【関連記事】